KDDIとソフトバンク、地方で5G基地局をシェアリング すまほん!!

 KDDI株式会社とソフトバンク株式会社は、両社が保有する基地局を相互利用することで地方における5Gネットワーク整備を共同で推進することに合意したと発表しました。

 地域の過疎化など各種課題解決のための遠隔監視や遠隔操作、データ収集・解析などによる生産性向上を5Gが実現するとし、地場産業の活性化に貢献するといいます。

 5Gネットワークは、28GHz帯や3.7GHz帯のような高い周波数帯を用いるため、全国整備に膨大な数の基地局の設置が必要となるため、こうしたコストを事業者間の「インフラシェアリング」によって解決するとのこと。

 KDDIとソフトバンクは両社の基地局資産の有効活用を目的とした工事設計や施工管理などを進めるための、共同施工管理会社の設立を視野に入れて検討していくといいます。

 まず、両社は準備室を設置、今秋から北海道旭川市内、千葉県成田市内、広島県福山市内で共同実証に取り組むとしています。