15.6型4KのVAIO S15、家電量販店向けモデルでFHDモデル追加 すまほん!!

 VAIO株式会社は、15.6インチノートPC「VAIO S15」の個人向け標準仕様モデルについて、2種追加で発売することを発表しました。

 VAIO S15はA4フルノートPCとして、VAIO創業以来5年半ぶりにフルモデルチェンジを果たしたモデル。SONY時代のVAIO Proを彷彿させるクールなデザインに回帰。CPUは第8世代インテル Core プロセッサー Hプロセッサー搭載によるハイパフォーマンスを実現。40GbpsのThunderbolt 3 端子によりeGPUや高精細ディスプレイへの出力にも対応。

 光学ドライブも搭載。大きな4Kディスプレイで、Ultra HD BD対応の光学ドライブにより、超高画質なBlu-rayも楽しめる……なんてことも可能でした。

 VAIO S15は、解像度にUltra HD 4K(3840×2160)を選択可能でした。既発売済みの家電量販店向けモデルは4K一択でしたが、今回追加発売の決定した2種は、Full HD(1920×1080)となっているのが特徴。光学ドライブも、BDドライブではなくDVDドライブのモデルも用意。これにより価格を抑えてVAIO S15を選べるようになったというわけ。

 これらは家電量販店向けモデルです。いずれも実行8GBメモリとなっていますね。

 オンラインでは、実行メモリやストレージなど細かいカスタマイズが可能であるため、詳しい人はオンラインでの購入がおすすめです。

VAIO STORE ソニーストア
オンラインストアでVAIOを買う