「世界一受けたい授業」が不正確放送、鵜呑みにするとスマホが使えなくなる危険性 すまほん!!

 日本テレビは6月27日夜19時56分~20時54分、地上波番組「世界一受けたい授業」を放送しました。主題は「あなたのスマホがとにかく危ない!デジタル犯罪から身を守る方法」。解説者として元埼玉県警察本部刑事部捜査一課警部補が登場。

(出典:日テレ

 この番組の中で、「スマートフォンのSIMカードにロックをかける方法」が紹介されました。

 SIMカードは、スマートフォン・携帯電話に差し込むカードであり、契約者の電話番号が記録されています。差し替えれば別の端末で電話・SMS・データ通信を利用することが可能。ということは、盗難などで他人がSIMカードを悪用する可能性もありえるということ。

 このため、そうした悪用を防ぐための方法として、SIMカードにPINロックをかけるというものがあります。他社スマホで利用できない「SIMロック」とは異なり、SIMカード自体にロックをかけ、他者による利用を防ぎます。

Sponsored Link

 ところが、PINコードの設定は上級者向けのテクニック。なぜなら「3回失敗するとロックがかかり、PUKコードによる解除が必要になる」「PUKコードを10回間違えるとそのままSIMカードが完全に停止され利用できなくなる」「第三者が端末を触った時に間違え続ければ利用できなくなる」などといったリスクも伴うからです。

 案の定、放送を見た人や、放送を見た人が家族に居る人が、スマホが使えなくなったと相次いで報告しています。筆者は放送内容を見れていませんが、SNSの反応を見る限り、PINコードロックをかける場合の正しい手順やリスク、失敗した場合の解決方法といった説明を省いた、不正確・不十分な放送内容であったことが伺えます。

 初期PINコードはキャリアによって異なります。初期のPINコードは以下の通り。

Sponsored Link
  • ドコモ 0000
  • au 1234
  • SB 9999
  • 楽天 0000

 ここで間違えるとPUKコードが必要になります。さらにここで10回誤入力すると、SIMカードを窓口で手数料を支払って再発行する必要が出てきます。

 PUKコードは、携帯契約時の書類もしくはキャリアの公式オンライン手続きページ「My〇〇(キャリア名)」にて確認できます。

 平均的なリテラシーが低いであろうテレビ視聴者層とは噛み合わなそうな、難しい小技の紹介でありながら、リスクや失敗時の解決方法といった基本的な説明を欠いて放送したのでしょう。これが全国地上波で流れてしまった以上、明日の携帯ショップの現場は阿鼻叫喚の地獄絵図。テレビの質の劣化をひしひしと感じる一件です。

 そもそも盗難紛失時は、通信事業者のサポートセンターに連絡すればSIMカードの利用一時停止も可能。ろくでもない説明しかできないのなら、こちらを本丸として紹介すべきであったと思います。