【超絶朗報】楽天モバイルがeSIM手数料を「0円」に値下げ!!! すまほん!!

 楽天モバイルは、eSIMに関する手数料を無料化しました。

 これまで、楽天モバイルはnanoSIMカードやeSIMの交換/再発行の手数料を税別3000円徴収していました。

 しかし2020年10月12日午前9時より、こうした手数料を0円にしました。キャンペーンではなく恒久措置。

 今回の変更により、物理SIM↔eSIMの再発行手数料が発生しなくなります。また、eSIM機種間で変更するのも無料。

楽天モバイルを契約する
Rakuten Mobile
Sponsored Link

 eSIMは、物理SIMカードを電子化したもの。遠隔で端末に契約者情報を書き込めます。顧客流出を恐れる携帯大手三社は、個人消費者のスマホ向けeSIMサービス・プランの提供を協調的寡占で拒んでいます。

 第四の携帯キャリアとして新規参入した楽天モバイルは、MNOとして唯一、スマホ向けのeSIMサービスを提供。音声・データ通信を利用できます。

 国内では対応端末はまだそれほど多くなく、eSIMを猛烈に推している事業者は楽天のみ。今後は政府の政策により、eSIM対応端末が増えることが期待されます。

 これまで、手持ちの利用する機種を変えるために、物理SIMカードであれば単に抜き差しするだけなのに、楽天モバイルのeSIMだといちいち3000円の手数料が発生してしまい、魅力が大きく損なわれていて残念でした。

 ところが、今回の手数料変更により、気軽にeSIM機種間の契約情報変更が可能となり、気軽に好きな端末を使えるようになりました。eSIMの弱点が、楽天モバイルの新しい手数料設定により解消される形となりました。

(各種手数料)

 iPhoneやPixel、Huawei P40 ProなどがデュアルSIMでのeSIMに対応。もちろんeSIM側で音声通話/データ通信を両方利用することもできますし、eSIM側でRakuten UN-LIMITのデータ使い放題や通話使い放題を活用してメインのSIMは電話待受用のメイン番号といった具合に、賢い節約にも。可能性が広がります。

 Rakuten UN-LIMITは、楽天モバイルの使い放題プラン。Rakuten Linkアプリを使えば通話料金も無料に。料金は2980円ですが、キャンペーンで1年間タダ。うまく活用したいものです。

楽天モバイルを契約する
Rakuten Mobile