ファーウェイの国際広報副総裁が急逝。「スパイ疑惑」で米国と戦ってきた人物 すまほん!!

 Huawei国際広報バイスプレジデント(副総裁)、アイルランド人のJoe Kelly氏が深圳で急逝したことがわかりました。享年55歳。

 初報はアイルランドメディア。南華早報がHuawei広報部に急死の事実を確認。後にリリースも出ています。

 Huawei広報部は「チームの経験豊富なメンバーであり、会社全体で尊敬されていた。深いお悔やみを申し上げる。この困難な時代に全力を尽くす」とコメントしています。

 Joe Kelly氏はBT WholesaleやMarconi、ゼロックスなどで勤務、2012年にHuaweiに転職。8年間勤務していました。Huaweiの国際市場でのメディア戦略を担当。アメリカなど西側諸国で喧伝されるHuaweiのスパイ疑惑を、払拭するPRキャンペーンの最前線で戦ってきた人物でもあります。