思ったより安い!マット素材で装い新たに「Galaxy S21/+/Ultra」正式発表 すまほん!!

 Samsungは、日本時間2020年1月15日に、完全オンライン形式で開催した新製品発表会「Galaxy Unpacked 2021」にて、Galaxy S21シリーズを正式発表しました。

Galaxy S21/S21+

デザイン 

 Galaxy S21・S21+のデザインは、先代のGalaxy S20シリーズと比較するとさらにスタイリッシュになっています。カメラが左上にまとめられたことによりすっきりとした上、カメラ部の色も細部にまで拘ってデザインされています。また、本体背面はマット仕上げになっているため、手触りも良さそうです。

 Galaxy S21のカラーバリエーションは、ファントムブラック・シルバー・ピンク・バイオレットと、Samsung直販限定の「ファントムレッド」「ファントムゴールド」。そしてGalaxy S21+は、ファントムブラック・シルバー・バイオレットの3色となっています。

 特に今回の目玉「ファントムバイオレット」は落ち着きのある紫色を基調とした色合いで、女性ウケも良さそうですね。

カメラ

 Galaxy S21・S21+は、ともに超広角(1200万画素)・広角(1200万画素)・望遠(6400万画素)の3台のリアカメラを搭載しています。これらのカメラによって、8Kでの動画撮影はもちろんのこと、SuperSteady(1080p/60fps)での撮影も可能。

Sponsored Link

 また、新たに搭載された「Directors View」機能では、インカメラとリアカメラ、合計4つのカメラでそれぞれ同時に動画撮影が行えます。これにより、後から編集で超広角・広角・望遠・内カメラを切り替えることができ、より魅力的な動画作成が可能になります。

 そのほか、精度が改善された最大30倍のハイブリッドスペースズームや、AIの精度が向上し、より印象的なシーンを撮影できるシングルテイク機能なども利用可能となっており、カメラ撮影をさらに楽しめるスマートフォンになっています。

スペック

 Galaxy S21とS21+の違いは、主に画面と電池容量

 画面サイズは、S21が6.2インチ、S21+が6.7インチ。バッテリー容量はS21が4000mAh、S21+が4800mAh。大きな差異点はこの2つのみで、あとはほぼ同等の構成となっています。

 ディスプレイには、リフレッシュレート120Hz対応のDynamic AMOLED 2Xを搭載。画面両端にエッジはなく、フラットディスプレイになっています。実行メモリは8GB、内蔵ストレージは128GBまたは256GBで、microSDカードよる増設は不可。発表前に一部のモデルでmicroSDカードスロットがなくなるとのリークがありましたが、Galaxy S21シリーズでは全てのモデルでmicroSDカードスロットが廃止されています。

 また、Galaxy Note20シリーズまで同梱されていた純正イヤホンや充電器の同梱も廃止され、付属品はUSB C to Cケーブルのみとシンプルなものになりました。本体の箱も薄く。iPhone 12シリーズ然り、環境・持続性を看板としたコストダウンが流行りです。

価格・発売日

 今回の発表で最も驚くべきは、その価格。過去のS10、S20シリーズと比較するとかなり安くなっています。

Sponsored Link
  • Galaxy S21:799ドル(約8万3000円)
  • Galaxy S21+:999ドル(約10万3000円)

 特に無印S21のコスパが最強です。発売日は2021年1月29日で、一部の国では発表される前から事前予約が開始されています。

Galaxy S21 Ultra

デザイン

 カメラユニットの存在感が大きいにもかかわらず、派手すぎず高級感あふれるデザインになっている「Galaxy S21 Ultra」。基本の本体色はペンタブラック・シルバーの2種類ですが、特に「ペンタブラック」が異彩を放っています。

 「ペンタブラック」は、色や素材にとことん拘って作られており、純粋かつ単調でありながらも高級感あふれるカラーになっています。

 また、Samsung直販限定でファントムチタニウム・ネイビー・ブラウンといったカスタムカラーも選択可能で、ダークで大人っぽい印象のカラーから好みの色を選択することもできます。

カメラ

 Galaxy S21 Ultraのカメラは4眼構成で、広角(1億800万画素)・超広角(1200万画素)・望遠10倍(1000万画素)・望遠3倍(1000万画素)に加えて、レーザー方式のAFセンサーを搭載しています。

Sponsored Link

 Galaxy S20 Ultraではあまり評判の良くなかったハイブリット100倍ズームも復活。望遠カメラとAIによる補正がパワーアップし、100倍ズームでも文字が確認できるほどのクオリティーになるなど、実用的な段階に達しています。

 広角・超広角カメラを用いたマクロ撮影も可能です。最短5cmの距離での撮影ができ、搭載されているレーザー式AFセンサーによる距離測定で、自動で最適なカメラへ切り替えが行われます。

 もちろん、Galaxy S21・S21+で追加された「Directors View」機能も利用可能です。また、歴代Galaxyで初めて、フロントカメラを含めた全てのカメラで4K/60fpsでの撮影が可能になりました。

スペック

 Galaxy S21 Ultraは、画面サイズが6.8インチとなっており、Dynamic AMOLED 2Xを搭載。エッジディスプレイを採用しています。内蔵ストレージは128GB・256GB・512GBから選択可能です。内蔵ストレージ128GB・256GBの場合実行メモリは8GB、512GBの場合は実行メモリ16GBとなります。先述の通り、microSDカードスロットが廃止されたため、ストレージの拡張はできません。

 そのほか、バッテリー容量は5000mAhとなっているなど、S21・S21+と比較するとやや高めのスペックとなっていますが、一番の注目は「S Pen」に対応した点です。

 Galaxy S21 Ultraでは、別売りの「S Pen」を購入することで、スライタスを用いてスマートフォンを操作することができるようになりました。S Pen対応により、強化されたギャラリーの画像・動画編集機能をより実用的に使うことが可能です。

 今回「S Pen」と「S Pen Pro」の2種類が用意されており、用途によって選択することができます。

価格・発売日

 Galaxy S21 Ultraの価格は、1199ドル(約12万4000円)となっており、こちらも先代のGalaxy S20 Ultra(初売価格1399ドル)よりも安価に購入できます。

Sponsored Link

 海外発売日は2020年1月29日です。

まとめ

 色々な憶測が飛び交う中、ようやくその姿を現したGalaxy S21シリーズ。思ったよりも端末価格が安く、非常に驚きました。

 皆さんはこの「Galaxy S21」シリーズをどう思われましたか?