【悲報】「スナドラ835枯渇」F(x)tec Pro1-XのチップセットがSnapdragon 662に、Pro1未達組も強制変更 すまほん!!

 英新興企業「FX Technology Limited」は、「F(x)tec Pro1シリーズ」に搭載するSnapdragon 835が調達不能となったことを明らかにしました。2020年12月に部品代を払ったにも関わらず、Qualcommから「購入不能」と通知されたとのこと。

 同社はSnapdragon 835を搭載した「F(x)tec Pro1」を2019年に発表しました。2020年7月には国内発売も行われたほか、2020年の年末にはメモリとストレージを増量し青色の筐体を採用した「F(x)tec Pro1-X」も発表されました。両モデルともにSnapdragon 835を採用しています。

 SDM835は2017年のSoCであるため、2019年発表時点で既に旧型でした。いい加減2021年にもなれば購入できなくなるもの当たり前ではあります。変更後SoCはSnapdragon 662になるとのこと。

 処理性能は大きく劣るので、ここを期待していた人にとっては残念。ただし旧世代製品よりも、ミッドレンジとはいえ最新世代のSnapdragon 662の方が、同じ処理をするのに電力効率は有利なはずですし、CPU/GPU以外の各構成も最新世代へと更新されていますので、必ずしも悪いことばかりではありません。

 実際、Snapdragon 662を採用する利点として、Android 11プリインストール可能、2023年以降のセキュリティサポート、省電力性、WiFi 6対応、Bluetooth 5、WPA3セキュリティ、デジタルFM、最新の48MP Sony IMX586採用などが挙げられています。

 とはいえSnapdragon 662よりも上位のSoCを搭載しろと思うのは普通の心理。

 これについてF(x)tecは、Qualcomm Snapdragon 765または865シリーズを選択する場合はアンテナ配置から部品配置といった全ての設計を完全に見直すのにさらに6~9ヶ月必要なので、時間を節約するための選択だと説明。SD662の採用ならチップセット/回路図の再設計だけで済むといいます。数百万台規模で注文できるわけではないのでコストの問題があるとも。

 なお、まだ「F(x)tec Pro1」が出荷されていなかったユーザーに対しては、「F(x)tec Pro1-X」へとアップグレードされ、Pro1-XをIndiegogoで出資していた人よりも優先的に供給されるとのこと。「F(x)tec Pro1-X」の出荷予定日は2021年8月。

 筆者は1年前に「F(x)tec Pro1」を注文し、注文したあとに国内版発売や「F(x)tec Pro1-X」発表が行われてもなお、今現在に至るまで「F(x)tec Pro1」が出荷されていない状況。メールにて「F(x)tec Pro1-X」へのアップグレードが案内されました。

 Pro1未達者のアップグレードプランとしては、以下の2種類が提示されています。

  1. Pro1-X 128GB / 6GBメモリ, Black
  2. Pro1-X 256GB / 8GBメモリ, Sapphire Blue(追加費用40ドル)

 筆者は1年前「前面QWERTY派だが(注文当時)TCLがBlackBerryをやめると聞いて、この際だから物理QWERTYってだけでも買っておこう」という雑な動機で「F(x)tec Pro1」を注文しており、実行メモリとストレージ容量はどうでもいいのと、何より青色より黒色が好きなため、「Pro1-X 128GB / 6GBメモリ, Black」を選択しました。「Pro1-X」は青色でアナウンスされていたので、黒色の「Pro1-X」というのは、なんか希少な感じがしますしね。

 昔から海外の得体の知れないガジェットを輸入や出資などする時は、本来こういう「イベント」は付き物なので、「2019年9月発表時点で旧式性能だった機種を買ったら、延期に延期を重ねて性能低下版が2年後(購入から1年半後)の2021年8月に届く(かどうかもわからない)!スゲェ珍しい体験!」と筆者はワクワク大喜びですが、こういう会社の製品を読者へ積極的に勧められるかというとちょっと考えものではあります。

2021年2月16日13時01分追記:アップグレードの仕様を希望するメールを、指定のアドレスに送ると、メーラーデーモンから返事。別のアドレスから送信してもダメ。何か情報をお持ちの方はメールフォームまたはTwitterにお願いします。