Essentialブランド復活なるか?買収元が資金募集を開始 すまほん!!

 Nothing Technology Limitedは、コミュニティによる投資を募集することを同社のサイト上で発表しました。

 Nothing Technology Limitedは、「Androidの父」として有名なGoogle出身のAndy Rubin氏が立ち上げたEssential Productsの商標やロゴに関する所有権を有していることが、イギリス知的財産庁のサイトから判明しています。

イギリス知的財産庁のサイトより

 このことから今回の募集により十分な資金調達を達成できれば、かつてEssential Productsが展開していた「Essential Phone」や、縦長端末「GEM」の復活も考えられます。

 特にGEMに関しては片手で操作しやすい独特な形状で注目を集めていましたが、販売に至らずじまいでした。

幻の縦長端末「GEM」

 投資の事前登録は2021年2月16日(火)19時(日本時間)より開始されており、7時間後の2月17日(水)2時(日本時間)の時点で8700人以上から1000万米ドルの事前登録があったと、元OnePlus幹部にしてNothing創業者のCarl Pei氏はツイートしています。かなり順調な滑り出しのようです。

 個人的にGEMは魅力的な端末に見えるので、この資金調達を成功させ、達成されなかったGEMの販売を成し遂げて欲しいところです。

こんな記事も読まれています

ファーウェイ、極秘裏に北朝鮮の無線ネットワークを構築。証拠文書暴露

噂:2020年のiPhoneの有機EL、サムスンから中国BOEに変更も?

アメリカ、対Huawei制裁強化へ

中共機関紙、ファーウェイが鴻蒙OSスマホを3万円で発売すると報じる

追記あり:Galaxyの画面内指紋認証センサー、安価なシリコンで簡単に突破可能と判明

最悪のタイミング。アップル、香港市民の安全確保アプリを削除