京セラ、スナドラ865搭載の法人向け5G端末「K5G-C-100A」本格販売へ! すまほん!!

 京セラ株式会社は、5G端末「K5G-C-100A」を2021年5月に法人向けに本格販売開始すると発表しました。

 Snapdragon 865を搭載。様々な機器と有線/無線接続できる、エッジコンピューティング端末となっており、工場や製造現場、セキュリティ、エネルギーインフラでのビジネス現場における5G早期導入を実現できるといいます。

 本機は2020年10月から「KC-R901」の名称で、京セラ独自販路で販売を開始していたモデルです。詳しくはこちらの記事より。

(写真はKC-R901、筆者撮影)

 「K5G-C-100A」は、「KC-R901」とほぼ変わりませんが、 重量348gから326gへとわずかながら軽量化に成功しています。スペックは以下の通り。

OS AOSP
SoC Snapdragon 865 Mobile Platform
X55 5GModem-RF System
メモリ 8GB
容量 128GB
画面 2.6型 タッチパネル
電池 6000mAh
寸法 165 × 78 × 27mm, 326g
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax 2×2 MIMO
その他 USB Type-C PD3.0, Bluetooth 5.0
5G NR(Sub6/mmW), Local 5G(Sub6/mmW)
4G LTE
nano SIM×2
GPS、GLONASS、みちびき、北斗、A-GPS

 冷却ファンによる排熱機構も備え、連続通信安定稼働が可能。デュアルSIMにも対応します。今後の京セラの躍進に期待したいところです。