realme GT Master Editionシリーズ正式発表!INFOBARの深澤直人デザイン すまほん!!

 INFOBARや無印良品の深澤直人がデザイン!

 realmeが「realme GT Master Editionシリーズ」を正式発表しました。

 ハイエンドモデルの「realme GT Master Explorer Edition (真我GT大师探索版)」、ミドルレンジモデルの「realme GT Master Edition (真我GT大师版)」があり、それぞれスペックが異なります。

realme GT Master Explorer Edition

 ハイエンドモデルの「realme GT Master Explorer Edition」のOSはAndroid 11で、realme独自UIの「realme UI 2.0」を搭載。SoCはハイエンド5Gチップセット「Qualcomm Snapdragon 870」を採用しており、実行メモリは8/12GB、ストレージは128/256GBとなっています。

 ディスプレイは、6.55インチのSausung製AMOLEDを採用し、解像度は1080×2400のフルHD+の曲面スクリーン。その他、ピーク輝度1100nits、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート480Hzと妥協のないスペックで、100% DCI-P3の色空間に対応しています。

 アウトカメラは三眼構成で、5000万画素のメイン(広角)、1600万画素の超広角、200万画素のマクロカメラを搭載。メインカメラに採用されているSony IMX766は、OPPO Find X3 ProやOnePlus 9 Pro等にも採用されている新しいセンサーで、OIS(光学式手振れ補正)も搭載しています。また、インカメラはパンチホール式で、3200万画素のSony IMX615を採用しています。

 その他、Ricohとの提携による「ストリートフォトグラフィーモード」で、プロの写真家の作品のようなストリートスナップや、NOMOCAMとの提携で100年前のKodak製カメラのようなヴィンテージ写真が撮影可能といいます。

 バッテリーは4500mAhで、最大65Wの有線急速充電に対応しており、13分で50%、33分で満充電が可能といいます。また、オーディオにはハイレゾ認証のデュアルスピーカーを搭載しており、Dolby Atmosにも対応します。

 大きな特徴になっているのが、無印良品のデザインや製品開発等で知られるプロダクトデザイナー深澤直人氏によるスーツケースのような凹凸のあるデザイン。シンプルかつ高級感のあるデザインで、同氏は「スーツケースがまるで手の中にあるような錯覚に陥り、きっと探求心が生まれるでしょう」と語っています。

 端末のカラーは、スーツケースデザインがベージュとグレーの2色。通常のフラットな背面デザインのものもあり、こちらはドーン(朝焼け)とホワイトの2色です。寸法は高さ159.9mm、幅72.25mmで全デザイン共通。厚みと重量はスーツケースデザインとその他で異なり、スーツケースデザインが厚み8.8mm、重量183.5g。その他が厚み8mで重量185gとなっています。

realme GT Master Edition

 ミドルレンジモデルの「realme GT Master Edition」は、以下の点で「realme GT Master Explorer Edition」とスペックが異なります。

 SoCはミドルレンジ5Gチップセット「Qualcomm Snapdragon 778G」を採用しており、実行メモリは8GBのみ。ディスプレイは、6.43インチのSausung製AMOLEDですが、ストレートスクリーンとなっており、ピーク輝度1000nits、タッチサンプリングレート360Hzとなっています。

 アウトカメラについては、メインカメラが6400万画素(広角)、超広角が800万画素となっており、メインカメラのセンサーについては不明で、OISも搭載していません。その他、バッテリー容量は4300mAhで、公式サイトを見る限りDolby Atmos対応の記載はありません。

 スーツケースデザインについてはグレーのみで、寸法は高さ159.2mm、幅73.5mmで全デザイン共通。厚みと重量はスーツケースデザインとその他で異なり、スーツケースデザインが厚み8.7mm、重量178g。その他が厚み8mで重量174gとなっています。

価格

 既に中国では予約が始まっており、7月末に発売されます。価格は、「realme GT Master Explorer Edition」が、メモリ8GB/ストレージ128GBモデルで2899元(約4万9000円)、メモリ12GB/ストレージ256GBモデルで3199元(約5万4000円)。

 「realme GT Master Edition」が、メモリ8GB/ストレージ128GBモデルで2399元(約4万1000円)、メモリ8GB/ストレージ256GBモデルで2599元(約4.4万円)となっています。

スペック

 スペックは以下の通りです。

  realme GT Master Explorer Edition realme GT Master Edition
OS Android 11, realme UI 2.0 Android 11, realme UI 2.0
SoC Snapdragon 870 Snapdragon 778G
メモリ 8 / 12GB 8GB
ストレージ 128 / 256GB 128 / 256GB
画面 6.55型 (1080×2400), 有機EL
120Hzリフレッシュレート
480Hzタッチサンプリングレート
6.43型 (1080×2400), 有機EL
120Hzリフレッシュレート
360Hzタッチサンプリングレート
カメラ 5000万画素メイン + 1600万画素超広角
+ 200万画素マクロ
6400万画素メイン + 800万画素超広角
+ 200万画素マクロ
インカメラ 3200万画素 3200万画素
電池 4500mAh, 65W急速充電 4300mAh, 65W急速充電
寸法 スーツケース型(ベージュ、グレー)
159.9 x 72.5 x 8.8mm, 183.5g
フラット型(ドーン、ホワイト)
159.9 x 72.5 x 8.0mm, 185g
スーツケース型(グレー)
159.2 x 73.5 x 8.7mm, 178g
フラット型(ドーン、ホワイト)
159.2 x 73.5 x 8.0mm, 174g
通信 5G SA NR:n41/n78/n1/n3/n5/n8/n28A
5G NSA NR:n41/n77/n78
4G FDD-LTE: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/
B12/B17/B18/B19/B26
4G TD-LTE: B34/B38/B39/B40/B41
5G SA NR:n41/n78/n1/n3/n5/n8/n28A
5G NSA NR:n41/n77/n78
4G FDD-LET: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/
B18/B19/B26/B28A
4G TD-LTE: B34/B38/B39/B40/B41
その他 デュアルスピーカー, Dolby Atmos デュアルスピーカー
本体色 スーツケース型(ベージュ、グレー),
フラット型(ドーン、ホワイト)
スーツケース型(グレー),
フラット型(ドーン、ホワイト)

 realmeはコストパフォーマンスに優れた製品で知られるメーカーですが、本シリーズはそれだけでなく、深澤直人氏によるシンプルで高級感のあるデザインやRicoh、NOMOCAMとの提携によって作られたカメラソフト等、付加価値も十分。日本での展開も含めて同社の今後に注目ですね。