初のeSIM対応ペリア発売!「Xperia 10 III Lite」価格は4万円台後半、楽天とOCNでは2万円台半ば すまほん!!

 Sonyの廉価スマホ「Xperia 10 III Lite (XQ-BT44)」が、各取扱事業者から8月27日に発売されました。OCNモバイルONEでは発売記念特価も実施中です。

 大容量4500mAh電池を搭載しながら幅68mmに収めた持ちやすい5Gミッドレンジ。21:9 FHD+ HDR 有機ELディスプレイを搭載します。

 本機の最大の注目点はeSIMへの対応です。KDDIやSoftBank、楽天はeSIMサービスを展開しているので乗り換えも楽です。

 国内モデルとしてはSO-52B / SOG04なる型番にてXperia 10 IIIがNTTドコモとauから販売されています。両者それぞれプラチナバンドBand 18 / 19が排他となっており、ドコモ版はau B18を、au版はドコモ B19を利用できません。

 しかし楽天モバイルや各MVNOから発売のXperia 10 III Lite XQ-BT44は、B18/B19を両方利用できるため、他社への乗り換えがあっても安心です。

 しかしソフトバンクのプラチナバンドB8はカバーしていない点には注意する必要があります。あくまで「ソフトバンク系回線は使わない、乗り換えるつもりもない」という人向け。

 5G通信はn77/n78に対応しているため、楽天やauの5G Sub6を利用できます。ドコモはSub6をn78/n79で整備しているため、ドコモで利用できる5Gエリアは本来よりも狭くなると考えておきましょう。

 SO-52Bは5万1480円、SOG04は5万3985円ですが、 XQ-BT44は楽天モバイルでは4万6800円。各社4万円台半ば~後半が相場となっています。

 楽天モバイルでは最大20000円相当のポイント還元キャンペーンが実施中のため、実質2万6千800円に。

 またOCNモバイルONEでは発売記念特価で2万4千円となっているので狙い目です。

楽天モバイルを契約する
Rakuten Mobile
IIJmioを契約する
IIJmio
mineoを契約する
mineo
モバワンの最新端末をチェック
OCN モバイルONE
nuroモバイルを契約する
nuroモバイル