OnePlus 10 Pro発表。ハッセルブラッド提携カメラ搭載 すまほん!!

 OnePlusは、異様なまでに大きいカメラ部が特徴のハイエンドスマートフォン「OnePlus 10 Pro」を発表しました。今回はProのみの発表で、後日無印版が登場するものと思われます。

 OnePlus 10 ProはSoCにSnapdragon 8 Gen 1を搭載。熱問題がたびたび報じられる同SoCですが、OnePlus 10 Proは34119㎟の巨大なグラファイトシートを搭載。

 ちなみに同じくSnapdragon 8 Gen 1を搭載するXiaomi 12は3層10000㎟以上のグラファイトシートと2900㎟のVCプレートを組み合わせていましたが、これがどう効くか気になりますね。

 ディスプレイは6.7インチの有機ELで、解像度はWQHD+(3216×1440)と高精細。またLTPOに対応し、1~120Hzでコンテンツに応じてリフレッシュレートを調整してくれます。

 カメラは4800万画素メイン+5000万画素超広角+800万画素望遠の三眼構成。OnePlus 9 Proはこれに加え200万画素モノクロを備えていましたが、OnePlus 10 Proではすでに140°と広かった超広角レンズの画角が150°へとパワーアップしています。一般的なスマホの超広角カメラの画角は大抵120°程度で、OnePlusのこだわりを感じるポイントとなっています。

OnePlus曰くOnePlus 10 Proの超広角レンズは「超超超超広角(意訳)」らしい。公式サイト作例より

 またメインカメラはOIS、光学式手振れ補正を備え、4K120fpsでの撮影に対応します。インカメラは3200万画素。

 また、OnePlus 9シリーズに引き続き老舗カメラメーカーのハッセルブラッドとの提携が行われています。カメラ近くにHasselbladロゴがデカデカと乗るだけでなく、色深度10bitでの撮影と表示、ハッセルブラッド監修の色の最適化やモード、レトロな白黒撮影など様々な機能を備えています。

 バッテリーは5000mAh、80Wの有線充電と50Wのワイヤレス充電に対応。それぞれ32分、47分で満充電ができると謳っています。ワイヤレス充電は横置きもサポートしていることを自慢しています。

 そのほか顔認証と指紋認証を備え、OnePlusならではと言える、iPhoneのサイレントスイッチに似た機能を持つアラートスライダーも搭載。本体色はグリーンとブラックの二色。

 価格は最廉価グレードのメモリ8GB/ストレージ128GBの組み合わせが4699元(8万5000円)からで、同様に8/256GBが4999元、12/256GBが5299元。「フラッグシップキラー」と呼ばれていたころの面影は見る影もなくなってしまいましたが、カメラの性能はかなり気になります。

 スペック表は以下の通り。

OS ColorOS 12.1
SoC Snapdragon 8 Gen 1
メモリ 8/12GB
容量 128/256GB
画面 6.7型WQHD+ (3214×1440) 1-120Hz可変リフレッシュレート,10bit
カメラ 4800万画素(IMX789)+5000万画素(ISOCELL JN1)+800万画素望遠(77mm相当)
インカメラ 3200万画素
電池 2500×2mAh,80W有線&50Wワイヤレス充電,リバースワイヤレス充電
寸法 高さ:163.0 mm
幅:73.9 mm
厚さ:8.55 mm
重量:約200.5g
5G n1、n3、n5、n8、n28A、n40、n41、n78、n79
LTE B1,2,3,4,5,7,8,12,17,18,19,20,26,28A,34,38,39,40,41
3G B1,2,4,5,8,19
その他 顔・指紋認証、アラートスライダー、microSD非対応、NFC

海外スマホ個人輸入の定番
etoren
ETOREN イートレン
使い方