サムスン、Galaxy S20 FEをリネーム。価格下げた2022年モデルとして継続投入 すまほん!!

Galaxy S20 FE

 Samsungは、およそ2世代前のスマホの焼き直しである「Galaxy S20 FE 2022」をひっそりと発表しました。Galaxy S20 FE 2022は韓国の通信事業者であるKTやLG U+で取り扱われるとのこと。

 Galaxy S20 FE 2022のスペックは既存のGalaxy S20 FEと寸分違わず同じ。Snapdragon 865、6GBメモリに128GBストレージを搭載。

 ディスプレイも6.5インチのSuper AMOLEDで、120Hz駆動に対応。カメラは1200万画素の広角カメラ、800万画素の望遠カメラ、1200万画素の広角カメラを搭載し、最大30倍のハイブリッドズームが利用可能となっています。

OS Android 10(S20 FE)→Android 12(S20 FE 2022)
SoC Snapdragon 865
メモリ 6/8GB
容量 128/256GB
画面 6.5型 (1080×2400)
カメラ 1200万画素(広角)+1200万画素(超広角)+800万画素(望遠)
インカメラ 3200万画素
電池 4500mAh
寸法 159.8 × 74.5 × 8.4mm, 190g
その他 One UI 2.5(S20 FE)→One UI 4.1(S20 FE 2022)

 プリインストールされているOSがAndroid 10からAndroid 12へと変わっただけのリネームです。本体色はS20 FEで選択できた6色のうち、ホワイトとラベンダー、ネイビーが選択可能。

S20 FE 2022のカラバリ

 価格は69万9600ウォンで、執筆時現在の1円=9.8ウォンというレートで換算するとおよそ7万1000円。S20 FEは販売時89万ウォン、9万円だったため、かなり手の届きやすい価格になっています。

 韓国メディアのNews1によると、この価格はAKG製イヤホンの同梱を取りやめたことにも起因するようです。SamsungはAppleに追随し、順次同社製品から同梱品を削減しており、自然な流れといったところでしょうか。