噂:MacBook Pro、第4四半期に量産開始か すまほん!!

 高性能なチップを搭載する14/16インチ版MacBook Pro。もう間もなく登場から1年を迎えますが、後継モデルの発表のきざしが見えてきました。

 アナリストのMing-Chi Kuo氏が投稿したところによると、14インチ版と16インチ版のMacBook Proは2022年の第4四半期より製造を開始するとのこと。同氏は将来のApple製品ロードマップまで高精度で予測することに定評があり、信憑性はかなりのもの。

 また、もちろんこれらのMacBook Proには新しいM2 Pro/M2 Maxが搭載されるようです。しかし、このチップの製造プロセスに関して、リーカー間で意見が分かれているようで、先に情報を伝えたBloomberg記者のMark Gurman氏はTSMCの3nmプロセスで製造されるとしている一方、Ming-Chi Kuo氏はM1チップに引き続き5nmプロセスを採用すると述べています。

 Mark Gurman氏が伝えたところによると、14/16インチMacBook Proは先代とコネクタ周りやカメラなどハードの機能性はほぼ同じで、一方チップによるグラフィック性能の大幅な向上が期待でき、発表は2022年の秋から2023年の初め頃であるとのこと。M2 Pro/Maxの性能上昇幅がどれほどのものになるのか期待したいところです。