コスパ異常!!!4万円台からのぶっ壊れハイエンド「moto S30 Pro」発表 すまほん!!

 モトローラは、中国にてハイクラススマートフォン、「moto S30 Pro」を発表しました。昨年末に発表された「moto edge S30」の上位にあたり、価格は4万円台からとアッパーミドルクラス相当ながら、ハイエンドなチップを搭載し、高いコスパが魅力な1台です。

パフォーマンス

 moto S30 ProはSoCにSnapdragon 888+を採用。型落ちチップではありますが、AnTuTuベンチマークスコアでは89万点を記録し、十分に戦える性能を持ちます。

 本体の冷却にはVC液冷などを採用し、冷却面積は2万3000㎟を超えます。メモリは8/12GB、ストレージは128/256/512GB。

ディスプレイ

 ディスプレイは6.55インチのFHD+(2400×1080)の有機EL。Snapdragon 800シリーズを搭載したスマホで、最近多い6.7~インチでもなく、逆に小ささ・握りやすさをアピールする6.1~6.2インチ級の画面でもないのは、Xperia以外にあまり見かけないような印象を持ちます。

 有機ELで画面端が湾曲するエッジディスプレイ。上下ベゼルもかなり細く、美しくなっています。

 リフレッシュレートは144Hz、タッチサンプリングレートは360Hzで、10億色での表示に対応します。

 下位のmoto edge S30では液晶だったため、画面サイズが小さくなったとはいえ大きな進歩です。

カメラ

 カメラは3眼で、OISに対応した5000万画素のメインと1400万画素の超広角、200万画素のポートレートという構成。

 同時発表の「moto X30 Pro」では2億画素センサーの「ISOCELL HP1」を世界初搭載など特筆すべき事項がありましたが、moto S30 Proは控えめ。インカメラは3200万画素。

バッテリー

 バッテリーは4400mAh。68Wの急速充電に対応し、10分で50%充電できることを謳います。上位モデルのmoto X30 Proとは異なり、こちらはワイヤレス充電には非対応。

その他

 そのほか、Dolby Atmosに対応し、ステレオスピーカーを搭載。Android 12をベースとしたmyui 4.0がプリインストールされ、PCライクな操作を提供する「Ready For 3.5」に対応。

 本体色はブラックとレザー調のブルーの2色で、ブルーでは重量は167gとかなり軽いのも高評価です。

 価格は2199元、日本円にしておよそ4万3000円からと、Snapdragon 888+を搭載するデバイスとしてはかなりお手頃。moto S30 Proはグローバル市場ひいては日本でも「Motorola Edge 30 Fusion」として投入されると噂されており、その高いコスパを遺憾なく日本でも発揮してほしいところです。

スペック表

OS myui 4.0(Android 12)
SoC Snapdragon 888+
メモリ 8/12GB
容量 128/256/512GB
画面 6.55型 FHD+(2400×1080)
有機EL,エッジディスプレイ
144Hzリフレッシュレート
360タッチサンプリングレート
カメラ 5000万画素+1300万画素超広角+200万画素ポートレート
インカメラ 3200万画素
電池 4400mAh,68W
寸法 158.48×71.99 ×7.45 mm, 167g
その他 Wi-Fi 6/6E
充電器

中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) AliExpress Global Geekbuying(解説)