5G対応タフネススマホ「Crosscall CORE-Z5」。仏で発売 すまほん!!

 フランスのスマホメーカーCrosscallはタフネススマートフォンの「Crosscall CORE-Z5を発表しました。

 「Crosscall CORE-Z5」は、ポリウレタンや革製の手袋でも快適に使用できる感度の6.08インチHD+ディスプレイを搭載しています。

 IP68の防水・防塵性能と米国国防省のMIL-STD-810Hに合格した耐衝撃性能、60℃の高温から−25℃の低温でも使用できるのが主な特徴です。

 カメラには4800万画素の一眼で、4K動画の撮影が可能です。多眼化がトレンドとなってきた昨今においては少し珍しい感もありますが、タフネス機としては妥当でしょう。

 SoCにはIoT向けQualcomm QCM6490を採用、バッテリー容量は4950mAhと長時間駆動が期待できます。通信は5GとWifi6/6Eに対応。SIMはデュアルSIM。microSDを使用可能。

 本体価格は4/64GBで799.9ユーロ(約116000円)で、現時点ではフランスのみの販売となっています。

OS Android 12
SoC Qualcomm QCM6490
メモリ 4GB
容量 64GB
画面 6.08型 (1520×720),IPS
カメラ 4800万画素
インカメラ 800万画素
電池 4950mAh
寸法 175.0×81.0×14.0mm,281g
5G 対応
LTE 対応
3G 対応
その他 IP68,NFC