PhotoVision 008HWはAndroidタブレットだった

 ソフトバンクで新規契約を行う際、おまけに契約を迫られゴミと揶揄されるほど忌み嫌われる、ソフトバンクのフォトフレーム「Photo Vision 008HW」だが、分解したところ、非常に興味深い事実が判明した。

 【注意】端末を分解したり、改造を行うとメーカーからの保証が受けられなくなります。

008HWはAndroid 2.2.2のIDEOS TABLET

 

 本体の設定メニューから確認できる「ファームウェアのバージョン」の数字が「2.2.2」と表示されていたことか、Androidベースのソフトウェアで動作していると予想していたが、予想は的中していた。

 筐体を分解しなければ、マイクロUSBポートがないため、それ以上の確認ができなかったが、筐体を分解するとすぐに、マイクロUSBポートを見つけることができた。

 接続すると「IDEOS TABLET」というデバイスがMacで認識された。

分解する

【注意】端末を分解したり改造したりすると、メーカー及びキャリアの保証が受けられなくなります。また、分解した端末を3Gネットワークに接続させると電波法に抵触する可能性があります。必ずSIMカードを抜いてください

 液晶モジュールを取り外した様子。

 中央は液晶モジュールを接続するポート、右側のポートは画面右側のタッチパネルに使われているようだ。

 

 基盤の表側。左上にマイクロUSBポート、その右にフラッシュメモリ(hynix製)、その下にはボタン電池(時計用と考えられる)、その右上と右側はヒートシンクに覆われており部品を確認できなかったが、恐らく通信用の部品やCPU、メモリなどのSoCが搭載されているのだろう。

 その下には、SIMカードスロットと、SDカードスロットが確認できる。

 

解析する

 

 マイクロUSBで本体とコンピュータを接続し、ADB(Android Debug Bridge)を起動させて、いくつかコマンドを叩いてみた。

 現時点でわかったことを箇条書きにしていく。

  • rootユーザには簡単に昇格できる
  • pullコマンドを使って、本体フラッシュメモリの一部をコンピュータに転送できるが、途中で強制的に再起動する(写真のファイルがダンプできたもの)
  • adb shellも通常通り動作する。普通のAndroidと同様
  • 強制再起動により、コンピュータにフラッシュメモリのダンプファイルを送ることができないが、SDカードにならできるかも(検証中)

 そんなわけで、普通のAndroidタブレットがフォトフレームの皮を被り、Photo Visionという名で販売されているのだ。

 今後、筆者に暇ができたら、解析を続けていきたいと思う。

SanDisk UHS-I対応 microSDXCカード 64GB SDSDQY-064G-U46A acer【アイコニア】ICONIA タブレットPC 10.1インチワイド液晶 ダークシルバー エイサー acer アイコニア ICONIA タブレットPC