あきらめるのは早い!壊れてしまったスマホからゲームのデータを救出する方法

DSC_1039

 スマホを落下させたり水没させてしまったりして電源が付かなくなったという経験をした人は少なくないはずです。こうなってしまったら端末を修理に出すことになるのですが、それをやってしまうと端末内のデータが全て消えてしまいます。しかし、インターネット上に接続して遊ぶ所謂スマホ向けゲームアプリの一部は、端末の操作ができなくなっても別の端末に移行する形でデータを救出する方法があるのでそれを紹介していきます。

Screenshot_2014-07-08-21-06-57

 スマホ向けのゲーム、例えばガンホーのパズル&ドラゴンズやディバインゲート、SEGAのチェインクロニクルなど他の端末にデータを引き継ぎできるシステムがあるゲームアプリは、移行する前の端末でユーザーIDとアプリで発行されるパスワードを控えて、移行する端末でIDとパスワードを入力することでデータを移行できます。

 ただしパスワードを発行してから移行するまでの期限が設けられていて(大体30日)その期日を過ぎたらまた新たに別のパスワードを発行する必要があります。つまりいざとなった時に備えて事前にIDとパスワードを控えておいてもパスワードの期限が過ぎてしまったらその都度新たに発行してもらう必要があるので、面倒です。

 だからといってIDとパスワードを控えておかないでいると、いざ端末の操作ができなくなってしまった時にパスワードの発行ができなくなってしまいます。そんな状況に直面したら、まずはゲームのサポートセンターに問い合わせをしてみることをお勧めします。

2014814002

 筆者がはまってるゲーム「ディバインゲート」の場合、サポートセンターの「オンラインでのお問い合わせ」にて「端末が壊れてパスワードの発行ができない」との趣旨を伝えると、自分がゲーム上で使ってる名前やRANK、使ってるユニットの名前など、自分がゲームをしていれば覚えているであろう質問が送られてくるので、その質問に答えることで運営者側が自分のデータを探し出して特定してくれます。データを特定するのに大体1週間程度かかるらしいので運営者側から返信が来るまで気楽に待っていましょう。筆者が実際にやってみたときはお問い合わせをしてから5日後に返信が来ました。

Screenshot_2014-07-08-21-14-12

 最終的に返信されたメールにそのデータのIDとパスワードが書いてあるので、新しい端末にIDとパスワードを入力することでデータを救出することができます。

 ここではガンホーの「ディバインゲート」を例に出したのですが、パスドラや他のゲームアプリでも大体こういった感じでデータを救出させることができるので、万が一端末が壊れて操作ができなくなったとしても諦めずにサポートセンターに問い合わせることをお勧めします。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus