パナのアンドロイド搭載SIMフリーデジカメ「LUMIX CM1」、独「フォトキナスター賞」受賞!

Panasonic-Lumix-CM1

 Panasonicのコンパクトデジタルカメラ「LUMIX CM1」が、ドイツの最新カメラ展示会「フォトキナ2014」にて、「Photokina Star賞」を受賞しました。デジカメWatchのツイートを情報源に、CAMEOTA.comが伝えています。

 ドイツの写真雑誌によって選定される同賞は、展示会の中でも特筆すべき注目製品に与えられる名誉ある賞です。

 LUMIX CM1は、有効画素数2000万画素の1インチMOSセンサー、F値2.8のLEICA DC Elmaritレンズを搭載しながらも、SIMスロット・LTE通信モジュールを内蔵した「コミュニケーションカメラ」です。Androidスマートフォンとしての性能はFull HDディスプレイ、2600mAhバッテリーなど、GALAXY S5などに負けないものとなっています。

panasonic-lumix-smart-camera-cm1

OS Android 4.4 KitKat
CPU  Qualcomm Snapdragon 801 2.3 GHz クアッドコアプロセッサ
メモリ  2GB
ストレージ  16GB, microSDカードスロット
 ディスプレイ 4.7インチFHD(1920×1080)
カメラ  20メガピクセル, 1インチMOSセンサー, 35mm版換算28mm,
解放F値2.8, ライカ DC Emarit Lens, RAW画像/4K動画撮影
 バッテリー 2600 mAh 
寸法 135.4×68×21.1mm
重量 204g
その他  LTE, NFC, SIMフリー, Wi-Fi

 個人的にはコンパクトな一眼「LUMIX DMC-DM1」の後継機を待っていたので、事実上の後継「DMC-GM5」を狙っていたのですが、CM1も相当魅力的ですね。

 なお、CM1の本体には技適マークの表示があり、国内市場投入の可能性もあります。価格は900ユーロ(日本円で約12万5000円)が想定されています。

 ちなみに、ITProのインタビュー記事では、Panasonicイメージングネットワーク事業部長の杉田氏が、NTT docomoやKDDIといったキャリアから販売の可能性を問われ、SIMフリーの時代であることからこの可能性を否定。さらに「いちばん嫌なことは、キャリアのインセンティブビジネスで本体が『0円』になり、カメラなどの特徴がないがしろにされてしまうこと。売り方として、それだけは避けたい」と述べており、国内市場に投入される場合、大手キャリアを通さない、SIMフリーでの単独販売が想定されます。(LUMIX PhoneやELUGAといったPanasonicのスマホが安売りでぞんざいに扱われていたのも教訓となっていそうですね)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus