ファーウェイ、F値0.95を実現するデュアルカメラ搭載のHonor 6 Plusを本日発売。

h.hplus6-500x500

 中国Huaweiは、5.5インチファブレット「Honor 6 Plus」を正式発表しました。

 Honor 6にはない特徴として、Honor 6 Plusは背面には800万画素カメラを2つ備えた、デュアルカメラ(Symmetrical dual camera technology)を採用。これにより、1300万画素以上の画質を得られるほか、被写界深度の浅いボケの効いた画を撮ることができます。公式いわく、F値0.95を実現しているのだとか。

20141215200343642 (1)

 Honor 6とHonor 6 Plusの兄弟関係は、ちょうどiPhone 6に対して、光学手ブレ補正搭載のiPhone 6 Plusのような位置付けなのでしょう。

 本機は、前面にもSONY製の800万画素カメラを搭載しており、背面・前面あわせ、計3つの800万画素カメラを搭載することになります。

 性能は以下の通り。Ascend Mate7と同じくKirin 925オクタコアを採用、3GBメモリを搭載するなど、ハイスペックな構成に。

OS Android 4.4 KitKat / Huawei Emotion UI 3.0
CPU HiSilicon Kirin 925
オクタコア(ARM Cortex A15 1.8GHz ×4, ARM Cortex A7 1.3GHz
×4, i3 Co-processor 230MHz x1)
メモリ 3GB
ストレージ 16GBまたは32GB
ディスプレイ 5.5インチ JDI製 IPS, Full HD
カメラ 800万画素 F値0.95-16 デュアルカメラ
インカメラ  800万画素
 バッテリー 3600mAh
寸法  150.46×75.68×7.5mm 重量: 165g
その他  LTE Category 6対応 下り最大300Mbps, NFC, デュアルSIM(microSDスロット兼用)

 カラーバリエーションは3色。

Huawei-Honor-6Plus-Group-Shot

 全てデュアルSIMモデルのようです。標準版が1999元、2つのSIMスロットともにLTEに対応した「双4G版」が2499元で、中国市場にて本日発売となります。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus