善光寺がドローンの飛行を禁止

 長野県長野市の善光寺は、境内で小型無人機ドローンの飛行を禁止する措置をとることを公式サイトでアナウンスしました。

zenkoji

善光寺事務局では、参拝される皆様の祈りの場である善光寺境内において、ドローンをはじめとするリモコン操作による無人飛行機の持ち込み・操縦・飛行・撮影等を行うことは、参拝される皆様に快く安全に参拝していただくため、これを固くお断りいたしております。

 御開帳の法要行事「中日庭儀大法要」の最中、衆人環視の中、僧侶の目の前にドローンが落下した事件があり、これを受けての措置。

 ドローンを落下させたのは横浜市の15才少年。使用機種は仏Parrot社製Bebop。

parrot-drone-bebop

 少年は「ノエル」のハンドルネームを名乗り、ニコニコ生放送・YouTube・ツイキャス・アフリカTVなどで動画を生中継。善光寺のほか、京都や国会議事堂周辺でもドローンの飛行を試み、警察沙汰になっています。

 ドローン使用者として非常に悲しく、残念に思います。

 ドローンを落下させ、物や人に被害が及んだ場合、子供に責任は取れません。ドローンの規制の一環として、登録制が行われる見通しですが、自転車の防犯登録と同程度の意味合いしかないようにも思えます。それよりも子供には販売しない、保護者同伴でなければ飛行できないなどの措置が必要だと感じます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus