iPhone 6sのスペックが判明。実行2GBメモリ、A9デュアルコア1.85GHz、処理能力向上 すまほん!!

iphone6s

 AppleからiPhone 6s / 6s Plusを貸与されているメディアが、一斉にレビュー記事を公開しました。

 Macお宝鑑定団は、iPhone 6s / 6s PlusにGeekbench 3をインストールし、スペックを確認しています。

 それによると、プロセッサはデュアルコアのARM 1.85GHz、実行用メモリは2GBに。L1キャッシュサイズは64KBと変わりませんが、L2キャッシュサイズは3MBに増大しています。

 Geekbench 3のベンチマークスコアは、シングルコアは前モデルから約1.7倍、マルチコアは約1.65倍高速化しているそうです。

 これまでにもiPhone 6s / 6s Plusのものとされる信ぴょう性不明のベンチマーク計測の画像が出回っていましたが、情報源のはっきりした計測結果が登場するのは今回が初めてです。

こんな記事も読まれています

iPhone 13に搭載の「A15 Bionic」、ベンチマークスコアが判明。

携帯4社、iPhone 12/mini紫の予約受付を開始

iPhone 12 mini ファーストインプレッション

噂:これマジ?iPhone SE 3はiPhone XRベースで「側面指紋認証」搭載か!?

超当たる専門家「iPhone 13は画面内に指紋認証」「狭額縁な『iPhone SE3』は電源ボタンに指紋認証を搭載」