東芝、CMOSイメージセンサー事業から撤退。ソニーに半導体設備を一部譲渡

toshiba-logo

 本日、ソニー株式会社と株式会社東芝が、半導体設備に関する意向確認書を締結しました。

 譲渡対象は東芝の大分工場の300mmウェーハ生産ラインの製造関連施設など。ソニーの完全子会社ソニーセミコンダクタ株式会社(SCK)のもとCMOSイメージセンサーの製造に転用される予定です。

 また、譲渡完了前に東芝が同工場同ラインで生産していた製品については、譲渡完了後は、東芝からの製造委託を受けてSCKが製造する形で協議が進んでいるとのこと。確定契約の正式締結は2015年内。人員1100人もSCKへ移行予定。

 経営危機にある東芝は、CMOSイメージセンサー事業から撤退することで再建に繋げたい考え。一方でソニーはこの分野での世界トップシェアを狙う意図があります。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus