iPhoneのカメラレンズ、実は純粋なサファイヤではない?

iphone-7-7-plus

 AppleはiPhone 5sの発売からここ数年間、iPhoneのカメラレンズにサファイアクリスタルを使用していると謳ってきました。

 一方で、その効果が思ったほどではないとの情報が海外で流れています。

 海外メディアThe Vergeは、YoutubeのJerryRigEverythingによる耐久テスト動画を紹介しました。その中で、カメラレンズの本格的なスクラッチテストが行われています。

iphone-safaiya

 腕時計のステンレススティールでは傷がつかない段階でのスクラッチテストでも、iPhoneのサファイヤクリスタルのカメラレンズが傷ついてしまったのです。腕時計はモース硬度8で傷ついたのに対し、iPhoneはモース硬度6でした。

 このことから、iPhoneのカメラレンズの素材は純粋なサファイヤではなく、コストパフォーマンスを優先し、サファイヤの純度の低いものと考えられます。XRF機や電子顕微鏡を用い確認したところ、レンズの内側のサファイヤ含有量が少なかったとのこと。これが硬度の低下を招いていると推測できます。

 The Vergeは本件についてAppleにコメントを求めており、Appleのコメント待ちという状態となっています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus