iOS 10.3.1が配信開始。

 本日、Appleはモバイル向けOSの最新バージョンとなる「iOS 10.3.1」を配信開始しました。内容はバグ修正と脆弱性の改善です。

 iOS 10.3がリリースされた直後にも関わらず、早くもマイナーバージョンアップが登場したわけですが、iOS 10.3.1には、Wi-Fiの脆弱性を塞ぐセキュリティ向上も含まれているため、早めにアップデートしておきたいところ。手順はいつもどおり「設定→一般→ソフトウェアアップデート」から。

 なお、iOS 10.3では、長年Apple製品で使われてきたファイルシステムである「HFS+(Hierarchical File System Plus)」から、新たな「APFS(Apple File System)」へと変更が行われています。フラッシュストレージへの最適化や強力な暗号化などのメリットがある反面、HFS+とAPFSに互換性がないため、バックアップを取ることが推奨されています。もしiOS 10.3へのアップデートをまだ適用していなかったという人は、アップデート前にかならずバックアップを取っておきたいところです。

  • 詳しく読む