日本市場に「Moto Z2 Play」投入。ゲームパッドなど新Moto Modsも

bLcjnyzb2SJYmTTJcdzqug-970-80

 Motorolaの日本法人であるモトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社は、スマートフォン「Moto Z2 Play(モトゼットツープレイ)」を、2017年6月29日より発売すると発表しました。価格は税別5万3800円。

 OSはAndroid 7.1.1、SoCはQualcomm Snapdragon 626 オクタコアプロセッサー。ディスプレイは5.5インチフルHDスーパーAMOLED(有機EL)、バッテリーは3000mAh、カメラは1200万画素、次世代レーザーオートフォーカスとデュアルピクセルオートフォーカス対応で、レンズの明るさはF1.7。インカメラは500万画素。指紋認証センサーを備えるほか、通信はDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にも対応します。

 オールメタルのユニボディーデザインを採用。前機種よりも厚みが1mm薄いわずか5.99mm、重さは20g軽量になり145gに。背面には引き続き「Moto Mods」を装着可能。

dRnooK2LRpRfTckPnnZQc7-650-80

 3490mAhのバッテリーを内蔵する「Turbo Powerパック」は7月1日に発売、価格は9800円。ゲームパッドのMoto Modsも発売予定。

moto-gamepad

 カラーリングはルナグレー、ファインゴールド、ニンバスの3色。