スプラトゥーン2、早くもプレイ可能に。アプリ「Nintendo Switch Online」も利用可能

2017072021564100-57B4628D2267231D57E0FC1078C0596D

 7月21日発売の「Splatoon 2」ですが、ダウンロード版を購入した人は21時から事前ダウンロードが開始となり、22時頃から順次プレイ可能となっています。ゲームのバージョンは1.1.1。チュートリアルは前夜祭の事前プレイ時と内容は変更なし。

 とりあえずナワバリバトルをやっています。前作からあるマップも雰囲気が変わっていますね。武器をある程度取得してからゲーム内容については別記事にて言及します。

 スマートフォンアプリ「Nintendo Switch Online」も利用可能に。アプリからはプレイ履歴や現在ピック中のマップが表示されます。ゲーム側とアプリ側で同じニンテンドーアカウントでログインしている必要があります。

 ゲームのロビーからNintendo Switch Onlineラウンジを起動すると、プライベートマッチのルーム作成が可能。

2017-07-20 22.18.25

 部屋を作るとフレンドをSNSなどから招待可能。スマートフォンに通知が行く仕組み。

2017-07-20 22.18.48

 チームの味方同士でVC連携が可能。音声通話をスマートフォン側で行います。(ゲーム側ではなく!)

2017-07-20 22.18.59

 このことから、スマートフォン側のイヤホンで耳を完全に塞いでしまうと、ゲームの音声が入らないことになります。耳を塞がず周囲の音が聞こえるようなBluetoothヘッドセットでスマートフォンの通話を行いながら、スピーカーで流れるゲーム音声を聞く、といった形がよさそう。

 より本格的に連携してゲームを遊ぶのであれば、サードパーティーのHORIが出しているヘッドフォンを使うのが良さそうです。下の図を見るとわかるように、ゲームの音声とVCの音声を統合できるのがメリットです。(iPhone 7シリーズ以降のヘッドフォンジャック廃止機種では無理そう)

083c0702-ae9f-43b2-9005-57a0289a121c._SR970,300_

 操作性については、Joy-Conはジャイロセンサーが右側に搭載されているので、ジャイロによるAimが最適ではないと思っていたのですが、意外と気にならない感じですね。ただ、長時間やるならコントローラーを充電しながらでもプレイできるプロコンの方が都合がいいと思います。本格的にやり込むならプロコンも欲しいところ。

 VC周りの仕様が不安なので、この辺りは様々な周辺機器が充実することに期待したいですね。何はともあれ「Splatoon 2」、やり込んでいきたいところです。


Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

Splatoon2 (スプラトゥーン2)|オンラインコード版