ドコモ、月額980円のシンプルプランの適用対象を拡大。個人向け大容量プランでも利用可能に すまほん!!

docomo-simple-plan

 NTT docomoは、月額980円(記事中全て税別)の基本料金「シンプルプラン」を提供しています。低廉な基本料金且つ、家族間の通話が無料というものでした。

 しかし、これはあくまで家族との「データシェアパック」が条件でした。シェアを組む家族がいない人は門前払いというわけです。

 NTT docomoは新たに、個人向けの大容量データ通信プラン「ウルトラパック」も組み合わせられるよう、シンプルプランの適用対象を拡大すると発表しました。

docomo-ultra-pack

 ウルトラパックは2種類が存在。20GB/月の「ウルトラデータLパック(月額6000円)」と、30GB/月の「ウルトラデータLLパック(月額8000円)」です。

 「通話は最小限、(家族とは通話するかもしれない、)でも自分はデータ容量はたくさん使う」、そういうユーザーは多いと思います。そんな人がシンプルプランとデータLパックを組み合わせると、以下のように月額7280円で利用できます。

シンプルプラン(スマホ) spモード利用料 ウルトラデータLパック ずっとドコモ割 docomo with 合計月額料金
980円 300円 6000円 なし なし 7280円
980円 300円 6000円 なし -1500円 5780円
980円 300円 6000円 -800円 -1500円 4980円

 指定の廉価機種を購入すると半永年割引が得られる「docomo with」アリなら月額5780円。10年以上ドコモ継続利用の「ずっとドコモ割」もあれば月額4980円が狙えます。

 かつてNTT docomoは月額2700円の完全通話定額制プランを一律強制的に押し付け、家族とのデータシェアを優遇し、データ容量単価を値上げするなど、中高年層が喜びこそすれ若者には高くて使いづらいキャリアへと成り下がりましたが、このように徐々に改善も見られます。もう読者の皆さんはとっくにMVNOを活用して節約していると思いますが、通信品質への不満を感じるユーザーは、こうしたMNOのプランも検討してみてもいいかもしれませんね。