中国政府、罰金と修正を命じた有害ゲームリストを発表。FGOやアズールレーンなど

スクリーンショット 2018-01-24 16.06.02

 新華社通信によると、中国文化部は禁止されたコンテンツを含むオンラインゲームを調査した結果を発表。違反の6つの典型的ケースと具体的な20タイトルを発表しました。

 文化ポルノ、ギャンブル、反公共道徳など、社会の風紀を乱すと考えられた「有害タイトル」が挙がっています。具体的には「新世纪福音战士:破晓(新世紀エヴァンゲリオン:破暁)」「碧蓝航线(アズールレーン)」「命运冠位指定(FGO: Fate/Grand Order)」「贪玩蓝月」など。

 「エヴァ破暁」はポルノを促進するコンテンツを含んでいると判断されました。北京微游互动网络科技有限公司に対し、修正と罰金が命じられたとのことです。

eva

 「アズールレーン」と「FGO」は肌の露出率の高さが社会道徳に反すると判断されました。同じく修正と罰金が命じられたそうです。

2018-01-24 16.29.44

 中国国内では、政府による検閲や表現規制が当然のように行われています。文化部はオンラインゲーム市場の監督を強化するための様々な措置に力を入れています。以前はPUBGや、そのクローンである中国産ゲーム「荒野行動」「小米枪战」なども「社会主義核心価値観にそぐわない」などとして当局から槍玉に挙げられていました。

 おそらく中国政府の意図としては、今回発表した行政指導の例を元に、コンテンツパブリッシャーは中国当局の表現規制の匙加減を「忖度」もとい「ケーススタディー」し、「健全な」ゲームを作れ、ということなのでしょう。