滴滴出行とソフトバンクが協業。日本でタクシー配車プラットフォーム展開へ

 

softbank_logo

 ソフトバンクグループは、「滴滴出行(Didi Chuxing)」との協業を正式発表しました。両社の合弁会社設立も視野に入れているとのこと。

didi-logo

 DiDiは中国大手配車業者です。配車だけではなく、ビデオカメラやGPSのデータを元に、AI、クラウド、ビッグデータを活用し、都市交通を分析・交通渋滞を解消するソリューションも手がけており、既に中国の大都市で行政と連携している例もあります。

didi

 日本における協業では、タクシー事業者とドライバーの稼働率向上を目的に、DiDiの人工知能による実需予測を活用したタクシー配車プラットフォームを構築します。2018年中に大阪府、京都府、福岡県、東京都などで実証実験を行う予定としています。

 DiDiとソフトバンクは、日本の市場環境や関連法令を慎重に調査し、タクシー事業者や関係省庁などと連携して、日本の全タクシー事業者が導入できるオープンで中立的なプラットフォームの構築を目指すとしています。