液体冷却機構を備えたゲーミングスマホ「ブラックシャーク」正式発表。

ゲーミングスマホ「Black Shark」正式発表

blackshark

 中国Xiaomiが設立に深く関わり、Xiaomiが出資する中国メーカー黑鲨科技が、スマートフォン「Black Shark(黑鲨游戏手机)」を正式発表しました。

デザイン

 全体的に丸みを帯びた形状となっています。黒色と緑色を基調としたデザインでまとめられており、先行するライバルRazer Phoneを意識している感はあります。カラーリングはPolar NightとSky Grayの2色。背面にはデュアルカメラを搭載。

 ボディはアルミニウム。リアパネルにはX字の起伏があり握りやすくなっています。

液冷でS845をブン回す

スクリーンショット 2018-04-13 22.11.48

 Snapdragon 845を搭載。現行最新のSoCによってゲームを楽しむことができます。

 専用のSHARKボタンを搭載。ホームボタンは指紋認証センサーを内蔵。スライドさせることでゲームドックを引き出し、ゲーム中の着信・誤動作防止・通知オフなどの各種機能を簡単に呼び出せるようです。

スクリーンショット 2018-04-13 22.22.09

 スマートフォンのゲームのグラフィックは年々進化しており、これらを最大画質でプレイすれば当然ながら機体は発熱します。

 本機はなんと液体冷却システムを搭載。放熱面積は6000平方mm。CPUの温度を8度下げることができるとしています。本機のAnTuTuベンチマークスコアはなんと27万9464点という圧倒的な性能に。

blackshark-cooling-system

 独立したpixelworks製グラフィックチップスを別途搭載することで、ゲームグラフィックをより鮮明で滑らかなものに補正するとしています。

スクリーンショット 2018-04-13 22.20.10

コントローラを接続可能

スクリーンショット 2018-04-13 21.43.52

 ワンクリックでBluetooth接続可能なコントローラが純正品として用意されています。これは別売りで、価格は179元(約3000円)となっています。

 LBボタン、LTボタン、スティックでゲームを操作。画面遅延よりもコントローラによるスティックのほうが遅延が少ないとも謳われています。

スクリーンショット 2018-04-13 21.56.44

音響

 音響はデュアルステレオスピーカーを搭載、Bisoサウンドエフェクトにより、ゲームプレイ中にはっきりとした音を提供するとしています。

スクリーンショット 2018-04-13 22.13.15

スペック

OS Android 8.1 Oreo
CPU Qualcomm Snapdragon 845 2.8GHz
メモリ 6 / 8GB
ストレージ 64GB / 128GB
ディスプレイ 5.99型2160×1080(FHD +)403ppi
カメラ 12MP+20MP デュアルカメラ
インカメラ  20MP
 バッテリー 4000mAh
寸法  151.1 × 75.4 × 9.25mm, 197g
LTE FDD-LTE B1/3/4/5/7/8/12
TD-LTE B34/38/39/40/41
TD-SCDMA B34/39
W-CDMA B1/B2/B5/B8
その他  USB Type C, 指紋認証センサー

価格

 現時点では中国市場にて販売。6GB/64GBモデルは2999元(約5万1000円)、8GB/128GBモデルは3499元(約6万円)。