Apple、本日からiPhone XS/Maxの予約受付を開始。

スクリーンショット 2018-09-14 15.22.35

 Appleは、2018年9月14日つまり本日の、16時01分より、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の予約受付を開始。ドコモauソフトバンクAppleのオンラインストアから予約できます。

 基本はオンラインストアを使うのがおすすめ。何から何までショップ店員に教えてもらいたい人は混雑した実店舗にわざわざ足を運ぶ苦労とストレスを味わうのも自由ですが、そうではない人はオンラインストアの方が楽です。

 昨年までのiPhoneは、画面サイズという要因以外に、生体認証の違いやデュアルカメラの有無がありました。しかし今年の新型は全て顔認証「Face ID」へと集約、XSとXS Maxは両者ベゼルレス・デュアルカメラで統一されており、XSとXS Maxを純粋に画面サイズで選択できる、という点が大きな特徴です。(非公表の電池容量はXS Maxの方が大きい)

screenshot 09-13-2018-024339

 5.8インチ・6.5インチの有機ELディスプレイ。解像度は異なりますがppi換算の精細さは全く同一。動画視聴が多いならXS Maxが有力、そうでないならXSが有力と考えられます。

 カラーリングは、iPhone XのSilverSpace Greyに加えて、XSとXS MaxではGoldが追加されています。

スクリーンショット 2018-09-13 05.10.21

Sponsored Links

 容量は64GB・256GB・512GBから選択可能。動画も音楽も利用しないなら64GBでも足りると思いますが、定額制音楽配信サービスのお気に入り楽曲をストレージに保存したり、通信量の大きい動画サービスの各動画を予めダウンロードしておく、といったことを行うと、64GBでは足りなくなってきます。コンテンツの容量は肥大化しつつあり、今や低スペックの代名詞であるarrowsなどdocomo withの格安枠でさえ内蔵ストレージ64GBの時代。また、Live Photoや動画撮影もかなり容量を消費しますので、少し背伸びして256GBストレージ、というのは賢い選択です。通信量と通信費の節約もしやすいです。(本当は128GBが選択できたら良かったんですけどね)

 自分の用途をよく把握しきっちり管理できる人、複数台所持している人、クラウドを活用するなどしつつちまちまファイル整理することを厭わない人、キャリアの大容量プランを契約している人などは、64GBでも十分かもしれません。

 自身の使い方も考えながら、どれを購入するか考えてみましょう。

docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。iPhone購入はキャリア公式サイト