日本市場向けOPPO Find Xは11月発売。 すまほん!!

oppo-find-x

 中国メーカーOPPOの日本法人OPPO Japanは、6.4インチ有機ELディスプレイの同社最高峰スマホ「OPPO Find X」の日本市場投入をアナウンスしました。

 モーター駆動による開閉ギミックを備えており、普段は前後カメラは隠れており、ノッチのない画面占有率93.8%のベゼルレス仕様。カメラ利用時には2500万画素のフロントカメラと、1600万画素+2500万画素のデュアルカメラが現れるという仕組み。開閉時間は約0.5秒。30万回以上開閉できる耐久性試験に耐えているとのことです。

スクリーンショット 2018-10-20 19.47.35

 赤外線による顔認証「3D Structured Light Technology」にも対応します。

スクリーンショット 2018-06-20 23.17.47

 ハイスペックではあるものの基本的にはグローバルモデルを踏襲しておりFeliCaには非対応。カラーバリエーションはワインレッドとサイレントブルー。

oppo-find-x

OS Android 8.1
Color OS 5.1
CPU Snapdragon 845
メモリ 8GB
ストレージ 256GB
ディスプレイ 6.42型AMOLED
FHD+(2340×1080)
カメラ 1600万画素+2500万画素
インカメラ  2500万画素
 バッテリー 3400mAh, VOOC
寸法  156.7×74.2×9.6mm, 186g
その他  Wi-Fi 2.4GHz / 5GHz
デュアルnanoSIM

 価格は税別11万1800円。予約受付開始は10月19日。発売日は11月上旬以降。Amazonでは11月9日発売と表記されています。

こんな記事も読まれています

90Hz駆動対応でスナドラ460のエントリースマホ OPPO A53正式発表!1万8000円から

スナドラ480搭載「OPPO A54 5G」、au独占販売

欧州向けにOPPO Find X3 Neo/Lite発表!

OPPO Reno5/Pro 5G発表!65W充電対応ミッドハイスマホ

持ちやすい廉価スマホOPPO F17/F17 Pro発表

OPPO A33正式発表、1万円台で90Hz駆動対応のエントリースマホ

ソニーと共同開発した5000万画素「IMX766」搭載、「OPPO Reno5 Pro+」正式発表