最新iPad Proの歪み問題、Appleは問題なしと主張

 Appleの最新iOSタブレット「iPad Pro (2018)」のボディが曲がっているとの声が多数報告されています。

ipadgate

 MacRumorsのフォーラムにもそうした報告をいくつも確認することができます。特に強い力を加えたわけでもないのに曲がっていたとか、毎日カバンに入れて運んでいる間に少しづつ曲がったとか、そういったものが相次いでいます。

 The Vergeの記者も同様の症状を確認、Appleで交換してもらったところ、交換後の新品は、なんと最初から曲がっていたとのこと。

ipadprobendgate

Sponsored Links

 こうした症状は特にセルラー版で顕著なようです。Twitter上でリプライをくださったユーザーの一人は、やはりセルラー版が交換後新品も最初から歪んでおり、Apple Storeの店員も認めていたとのこと。

 普通に考えてリコールになりそうなところですが、Appleは、製造工程の冷却の副作用であり、時間と共に曲がるということはなく性能にも支障がないので、これは欠陥ではなく問題はないとしているようです。

 さらにAppleのハードウェアエンジニアリング担当副社長Dan Riccio氏からの電子メールが、Mac Rumoursによって公表されました。このメールは曲がったiPad Proを買ってしまった消費者によってAppleのCEOであるTim Cook氏に送られたものへの返事。

 その中でDan Riccio氏は、iPad ProはAppleのデザインと精密製造の高品質基準のすべてを満たすか上回っているとし、歪みは誤差0.4mmで前世代よりもフラットになっていると主張しています。

docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。iPad購入はキャリア公式サイト