2006年時点のiPhone試作機がリーク。 すまほん!!

 2007年に発表された、初代iPhoneこと「iPhone 2G」。革命的なタッチUIを備えていたものの、その当初は粗削りで、モバイルネットワークは低速な2G回線にしか対応せず、インカメラもありませんでした。

 海外メディアThe Vergeは、iPhoneの2006年時点での試作機を入手したと報じました。iPhone M68プロトタイプは、スクリーンを接続した赤色のマザーボードで開発されていたことがわかります。

 マザーボードには外部ディスプレイ接続用の端子も確認できます。Samsung製のプロセッサとストレージ、Intel、Infineon、CSR、Marvell、Skyworksなどのさまざまなチップが搭載。そのほか、SIMカードスロット、LANポート、電話ジャック、3.5mmヘッドフォンジャックといったものまでがマザーボード上に確認できます。

Sponsored Links

 この試作機は2006年、2007年に使用されていたとしています。

 2006年といえば、SONYのCLIE撤退の翌年であり、ソニーが家庭用ゲーム機「PlayStation 3」を発売した年。AppleはIntelプロセッサ採用のiMacとMacBook Proを発売。「スマートフォンとiPodを融合した『iPhone』が出るのでは」と複数の業界筋が噂していた頃です。

 ボード右側には固定電話用RJ11ジャックが搭載されているのがなかなかエモいところ。iPhone以前から、Palmやスマートフォンは存在したといえども、革新的なUIで世界に最も大きな影響を与えたのはAppleのiPhoneでした。今回のThe Vergeによる試作機発掘は大いに歴史的価値があると言えそうです。

関連:初代iPhoneのプロトタイプが公開。これが示すものは?

docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。iPhone購入はキャリア公式サイト