シャープ、AQUOS R3を正式発表。手ブレ補正大幅強化、AIが15秒動画編集、新世代「Pro IGZO」搭載 すまほん!!

 5月8日、SHARPはフラッグシップスマートフォン「AQUOS R3」を正式発表しました。発売時期は初夏以降。動画レビューはこちら

Sponsored Link

 上下にノッチを搭載する大胆なデザインに。指紋認証センサーは前面。Snapdragon 855を搭載。独自の放熱設計により長時間、高いパフォーマンスで動作可能なゲーミング仕様に。

 AQUOS R2は、AQUOS R比で出荷数110%超え。AQUOS sense 2は200万台超えの大ヒットに。2年連続で国内Android販売1位に。2019年も、もちろん第1位を3年連続で目指すとのこと。

 最新機種はAQUOS R3。AQUOS R2に引き続き、動画専用カメラを搭載します。

 R2ではユーザーの動画撮影の機会が増え、共有の機会も増えたとのこと。一方で、撮りためた動画を見返す機会は少なく、ここにテコ入れする提案がAQUOS R3であるようです。

 撮った動画の良いシーン15秒を切り取って、AIライブストーリーとして編集。音楽なども自動付加。長い動画なら見返すのも大変ですが、良シーンだけをAIが抽出した動画なら、サクサク見返せるというわけ。(TikTokに着想を得たのでしょうか?面白い機能ですね)

 カメラはデュアルカメラ。動画カメラは2010万画素。センサー配列はクアッドベイヤー。FHD撮影時は明るさ優先で4画素を1画素に。4K撮影時は1画素を1画素として使用し高解像度撮影を実現します。レンズは広角125度。静止画は1220万画素。1.4μm Dual PD高速AFセンサーを搭載します。

 ブレ補正を強化。動画と静止画では手ブレの要素が異なるといいます。細かい静止画の揺れは光学式で補正。そして動画=パンブレは電子式で補正することで、R2比で3.5倍のブレ補正を実現したとのこと。

 さらに、被写体が高速に動いた場合のブレに対応できるよう、被写体ブレ検出エンジンを搭載。被写体の動きをリアルタイムで検出、最適なシャッター速度・ISO感度を算出するとのことです。

 ディスプレイには電子移動度2.5倍の第5世代IGZOディスプレイ「Pro IGZO」を搭載。明るさ、省電力、HDR、圧倒的滑らかさによるモバイルに最適な性能を持つといいます。透過率18%向上、明るさ2倍。従来と同じ明るさを実現するのにも省電力で済むとのことです。

Sponsored Link

 HDRコンテンツは10億色。ファイル保存、圧縮再生までは10億色で来ているのに、一般的なスマートフォンでは1677万色など大幅に減色。ところがAQUOS R3のPro IGZOでは10億色に対応することで、コンテンツ製作者の意図通りに表現できるとのこと。

 ワイヤレス充電に対応。EPP対応で11W。インテリジェントチャージにより、電池劣化を防ぎながら使えます。

 スペックは以下の通り。

OS Android 9 Pie
CPU Snapdragon 855
メモリ 6 GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 6.2型 Quad HD+ (3120×1440)
静止画カメラ 1220万画素裏面照射型CMOS
大型ピクセルセンサー
F1.7 広角78度 焦点距離26mm
ハイスピードAF 全面位相差
光学式手ブレ補正
ProPix2エンジン
動画カメラ 2010万画素裏面照射型CMOS
F2.4 超広角125度 焦点距離18mm相当
インカメラ 1630万画素 F2.0 広角80度
バッテリー 3200mAh, Qi 11W
寸法 156 x 74 x 8.9mm, 185g
その他 Dolby Atmos, Dolby Vision
前面指紋認証センサー
BT5.0, Wi-Fi 2.4GHz/5GHz

Sponsored Link

 投入販路の詳細については今回は明かされませんでした。

詳報:シャープ渾身の新旗艦「AQUOS R3」発表会レポ。15秒動画自動生成で「撮りっぱなし」撲滅へ

docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。購入はオンラインショップで。(解説