3D Touch廃止は確実か。機能は長押しで利用可能に すまほん!!

 iOS 13にて、3D Touch(感圧タッチ)が削除されていることがわかりました。

 Peek and PopやHome Screen Quick Actionsなどの機能は、iOS 13では、感圧押し込みではなく、長押し動作にて利用できるようです。

 これらは次期iPhoneがハードウェアとして3D Touchをサポートしていないという噂がより強固になったとも考えられます。

 既に3D Touch対応端末、SEやXRを除くiPhone 6s以降の端末で、3D Touchを活用していたユーザーには、悲しい知らせでしょうが、一方で、3D Touch非対応のデバイスの使用者にとっては朗報かもしれません。

Sponsored Links

 良い機能ほど競合他社は模倣したがるものですが、3D Touchは、Googleも多くのメーカーも積極的に追従はしてきませんでした。

 押し込み動作に別個の機能を割り当てるのは便利な面もあったものの、「初見殺し」であったのは否めず、感圧に別個の機能が割り当てられていることを明示するUI改善もほぼ怠っており、失敗と言っても差し支えありません。廃止も妥当でしょう。3D Touch廃止によって、次期iPhoneは、少しばかりの部品の厚みとコストを抑えるわずかな効果は期待できるかもしれません。