噂:的中実績豊富な有名アナリスト、2020年の5.4インチiPhone登場や5G対応を予測。 すまほん!!

 TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏は、2020年にAppleが投入するiPhoneについての予測を発表しました。レポート内容を9to5MacとMacRumorsが伝えました。

 Kuo氏はサプライチェーン筋を含む様々な情報源を有していると思われ、予測レポートの的中精度には定評があります。

Sponsored Links

 2020年の後半に、5G対応のiPhoneが登場するとのこと。6GHz以下とミリ波帯に対応するとしています。5Gモデムには、Qualcommチップを使用。2022年より後はApple自社開発のモデムを使用するそうです。

 新しいiPhoneの画面サイズは、6.7インチ、5.4インチ、6.1インチになるといいます。

 今のiPhoneはXS Maxが6.5インチ、XSが5.8インチ、XRが6.1インチなので、大きいモデルはより大きく、通常モデルはより小さくなるのでしょうか。

 6.1インチモデルは、液晶ではなく有機ELを搭載するとのこと。現行iPhone XRに続き、2019年に登場するiPhone XR後継機も液晶を搭載する見通しですが、2020年にはついに有機ELを採用するようです。また、この6.1インチモデルは5G対応版は出ず、LTEのみになるそうです。

 まとめると以下のようになります。

  • 6.7型有機EL(0.2インチ大型化)5G
  • 5.4型有機EL(0.4インチ小型化)5G
  • 6.1型有機EL(画面サイズ変わらず) 4G
Sponsored Links

 ちなみに、2019年のiPhoneはIntel製のモデムを使うとのこと。Intelはモデム事業から撤退しているので、その前に部品出荷は行われたのでしょう。