Anker PowerPort Ⅲ Duo レビュー すまほん!!

 先日Ankerより販売開始されたPowerPort Ⅲ Duoを購入しましたのでレビューしていきます。

どんな製品?

 Anker PowerPort Ⅲ DuoはUSB PDに対応したポートが2つ用意されており、それぞれ最大18Wの出力に対応。iPad Pro(2018)を充電するには若干足りませんが、それ以前のLightning端子でPD対応のiPad ProやiPhone、PD対応のAndroidスマートフォンなら18Wで十分です。

 複数台のスマホを利用していて急速充電を行いたい、というユーザーにピッタリハマる製品だと思います。

開封

 そんな大層なことはないのですが、開けると製品と簡易説明書、Anker製品お決まりのHappy?Not happyカードが入っています。

Sponsored Links

 USB PDのポートは先述したとおり2つ。通電すると丸い箇所が青く光ります。

 下部にはしっかりPSEマークがあります。Outputは5V2.4A、9V2A、12V1.5Aと表記。5V2.4AはUSB Type-Cの規格に準拠していません。これはPower IQに依るものとのこと。Power IQ 3.0はUSB PDに対応と謳っていたはずなのに、5V時には2.4Aしか使えないのは規格に沿ってない製品です。Ankerは自社のPower IQを優先することより、規格を守ることを優先していただきたいです。

※USB PDは5V時に3Aの電流が必要だが、Power IQ対応製品では最大2.4Aになっている。この仕様により一部製品は充電が出来ない(規格違反のため保護回路が働いて充電できない正規の動作である)事案が発生している。その点を留意して購入していただきたい。

比較

 先に販売されている、Anker PowerPort Atom PD 2と比較。Atom PD 2は2ポート搭載で1ポート使用時には最大60Wの高出力が可能、2ポート使用時は合計で60Wになる便利な製品。

 それと比較するとあまり大きさは変わりません。質感はAtom PD 2がツルツル光沢があるのに対し、PowerPort Ⅲ Duoは全体的にサラサラした質感です。個人的にはサラサラしている方が毛が付着しにくく、細かいキズも目立たないので良いです。

 15インチMacBook Proに付属する87Wのアダプタと比較。こちらと比較するとやや小さめですが、これで2ポート合計36Wと考えたら若干大きめかと思います。

 そして大人気商品のAnker PowerPort Atom PD1と比較。Atom PD 1は1ポートのみですが、こんなに小さいのに30WでUSB PDの規格に準拠した製品。大きさで言えばAtom PD 1が圧倒的に小さく、カバンに入れておくならAtom PD 1かな、と思います。

充電してみる

 とりあえずiPhone XS Maxを充電してみました。計測してみると9Vに近い電圧、そして2Aに近い電流を確認できました。しっかり急速充電できているようです。

Sponsored Links

 そしてGoogle Pixel 3aで充電。こちらも同じく9V2Aに近い値を確認し、デバイスもしっかり急速充電の表記を確認できました。

どういう人にオススメ?

 正直なところ、サイズはびっくりするほど小さい!というわけでもない上高出力に対応!というわけでもありません。出かけるときにに持っていくならAtom PD 1がオススメですし、旅行に行くなら高出力で2つ充電できるAtom PD 2がオススメ。このPowerPort Ⅲ Duoは家用で置いておく、急速充電用で使うと便利です。家用ならサイズはそれほど気にすることもありませんし、18Wならおおよそのスマホは充電するのに問題はありません。

 なので机周りの充電器をこの機械にPD対応に置き換えたり、キッチンに置いておけば朝食を作っている間に半分近くまで充電完了したり、いろいろ便利に使えます。筆者は机周りの急速充電器をこのPowerPort Ⅲ Duoに置き換えて、Atom PD 2をカメラバッグに入れ、普段のお出かけにはAtom PD 1を、と上手く使い分けることにしました。

 一つ注意しておきたいのは5V3Aには非対応ということ。Atom PD 1及びPD 2は5V3Aに対応しているので、対応製品が欲しい場合はそちらをオススメします。予め自分の使う製品を確認しておきましょう。