IFA2019:シャープ、S835搭載で約2万7千円の「AQUOS V」を発表。R3の現地投入も すまほん!!

 ComputerBaseが報じるところによると、SHARPはドイツのベルリンにて開催中の国際家電見本市IFA2019において、フラッグシップスマートフォン「AQUOS R3」をドイツで販売することを明らかにしました。価格は729ユーロ(約8万6千円)。市場投入は第4四半期から。

 AQUOS R3は日本国内で2019年5月に発表されたスマートフォン。120Hz高駆動液晶やSnapdragon 855を備えます。

 ミッドレンジモデルとなる「AQUOS V」も発表。5.9型FHDパネル、Snapdragon 835、4GBメモリ、64GBメモリを搭載。ソフトウェアはAndroid 9 Pie、スキンはSHARP UI。価格は229ユーロ(約2万7千円)。

 Snapdragon 835は、Qualcommの2017年のモバイル向けハイエンドSoCであり、型落ちです。これをエントリーモデルにぶちこんできたというのは面白いですね。それでも単純な性能だけなら現行のミッドハイであるSnapdragon 6xxにも勝ることから、価格破壊感がありますね。

docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
AQUOS R3をオンラインショップで購入する。(解説