久々のSIMフリー「arrows M05」12月18日発売 すまほん!!

 投資ファンドポラリス傘下富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)は、SIMフリースマートフォン「arrows M05」を発表。背面にスクロール機能内蔵の指紋認証センサーを搭載。mineoイオンモバイルIIJなど各種MVNOから投入。価格は3万円台で12月18日以降発売。スペックは以下の通り。

OS Android 9
CPU Snapdragon 450
メモリ 3 GB
容量 32 GB, microSD
画面 5.8型 TFT FHD+ (2280×1080)
カメラ 1310万画素+500万画素
インカメラ 800万画素
電池 2880mAh
寸法 149×72×8.8mm 166g
LTE B1/B3/B5/B12/B17/B19/B26(18)
3G B1/B5/B6/B19
その他 防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)、耐衝撃性能
ストラップホール, 背面指紋認証 Exlider
FeliCa, シンプルモード
ホワイト、ブラック
Sponsored Link

 arrows M02~M04までSnapdragon 410を採用し続けるなど極めて厳しい構成で、OSアップデートもなく、その後しばらくSIMフリー機自体出ていませんでしたが、久しぶりのM05登場です。F-02Lベースではなく中華ODMのarrows RXベースのようで、ワンセグに非対応。arrows M04やarrows Uとは異なり指紋認証センサーを備えます。スペック的にはSDM450搭載など、これまでとは違って使い物になる最低ラインの構成です。

 今や同じく3万円台のSHARPのAQUOS sense3がSDM630 / 4GBメモリ / 64GBストレージ / FeliCa / 大容量4000mAh電池を搭載し、耐衝撃やDSDVにも対応、発売から2年間最大2回のOSアップデートも提供予定であるため、冷静に比較されるとやや厳しいように見えますし、中華メーカーのSIMフリー機も存在感を増している現在の市場環境で、一体どこまで戦えるのか注目です。