Antutuベンチマークがストアから消滅。広告詐欺で巻き添えBANか すまほん!!

 Antutuベンチマークアプリが、Google Playストア上から消滅したことがわかりました。Android Policeが伝えています。

 Antutu Benchmark、Antutu 3DBench、AItutu Benchmarkといったアプリ群がいずれもアクセス不能となっています。通常のAntutuアプリは少なくとも2月22日まではダウンロード可能でしたが、いつ削除されたのかは不明。

 Antutuは表向きは安兔兔(Beijing Antutu Technology Co.Ltd)が運営しているように見えるものの、Android Policeは天眼查データベースからCheetah Mobileの傳盛(Sheng Fu)CEOが、安兔兔の会長/マネージャーとして登録されていることを確認。

Sponsored Links

 Cheetah Mobileは海外で評判の悪いアプリ開発企業として知られています。それは不正なコード、データ収集によって、ここ数年、度々Google Playストアから削除されているため。先月にGoogle PlayストアからCheetah Mobile製アプリ45個の一斉削除が行われたばかり。Google経由の広告提供も行われなくなりました。

 Googleが広告詐欺に関して破壊的なアプリを600個一斉削除と発表したことから、Cheetah Mobileのアプリがこれに該当、関連する安兔兔のアプリもストア上から一掃された可能性があります。

 破壊的広告とは、「電話をかけようとした時」「ロックを解除した時」「お気に入りアプリを使用中に前面フルスクリーン表示」など使いやすさを妨害、予想外の方法でユーザーに表示する広告のこと。ユーザーにとってだけではなく、広告主の支出を無駄にするため、エコシステム全体にとって破壊的と言えます。

 安兔兔は現時点では声明を出していません。しかしながら公式サイト上からのGoogle Playストアへのリンクが、apkファイルへのリンクに置き換えられたため、事態には既に気づいていることは間違いありません。

続報:削除されたAnTuTu「グーグルの誤判断」と弁明