VAIOがドローン事業本格参入! すまほん!!

 VAIO株式会社は、ドローンによる社会インフラの革新を推進・加速する機体開発、ソリューション提供を行う子会社「VFR株式会社」を2020年3月に設立、4月9日営業開始と発表しました。

 今後2025年には6400億円規模に拡大が見込まれる産業用ドローン市場。各産業用途には汎用機よりも、特化した機体・ソリューションが必要であるといいます。

 「空飛ぶコンピューター」とも言われるドローンの開発には精密なコンピューティング技術・ロボティクス技術を要するものの、VAIOが培った設計製造技術やサプライチェーン管理技術を活かし、ドローンのEMS事業を既に展開。

 たとえば株式会社ナイルワークスの農業用大型ドローンの量産、株式会社エアロネクストの重心制御技術「4D GRAVITY」の原理試作支援といった実績があります。

 さらに2019年11月からは産業用ドローン中国国内大手MMCと共同で、日本の産業ドローン市場の創造に向けて事業検討。

 こうした取り組みを経て今回、ドローン事業本格的参入にあたり、オープンイノベーションによる事業成長の加速のため子会社設立に至ったとのこと。

 VAIOはソニーから独り立ちし、PCを中核としてロボット、VRにも手を出していましたが、ここにきてPCとロボットの技術を活かしてドローン本格参入とは、うまく展開してきました。今後が楽しみなところです。