Redmi Note 9 Pro 5G発表!1億画素カメラ搭載で2万円台! すまほん!!

 中国Xiaomiは、サブブランドのRedmiからRedmi Note 9 Pro 5Gを発表しました。中国向けのモデルで、1億画素を超えるメインカメラを備えているのが特徴です。

 搭載SoCはSnapdragon 750G 5G。ミッドハイ帯のチップで、今年9月に発表されたばかり。Snapdragon 730Gと比較し、GPU性能が10%向上しています。

 ディスプレイは、6.67インチの液晶(1080 x 2400)。画面上部中央にパンチホールがあります。

 背面カメラはトリプル+深度センサー。トリプルカメラの仕様は、1億800万画素のメイン、800万画素の超広角、200万画素のマクロとなっています。この内、メインカメラにはSamsung製イメージセンサー「ISOCELL HM2」を搭載。センサーサイズは、1/1.52。通常の画素ピッチは0.7μm。9 in 1ピクセルビニングにより、2.1μmの画素ピッチを実現しているといいます。

 バッテリー容量は4820mAhで、急速充電は最大33W。Redmi Note 9 Pro 5Gの発売日は、12月1日。価格は以下の通り。

  • Redmi Note 9 Pro 5G(メモリ6GB、ストレージ128GBモデル):1599元(日本円で約2万6000円)
  • Redmi Note 9 Pro 5G(メモリ8GB、ストレージ128GBモデル):1799元(日本円で約2万8500円)

 昨年も1億画素カメラを搭載するミッドレンジスマホ、Xiaomi Mi Note10が展開されました。発売当初の Mi Note10の本体価格は5万円前後。カメラ構成は異なるものの、本モデルは5G通信にも対応し、海外価格とはいえ2万6000円。安価な5Gスマホながらもカメラ性能も期待できます。Redmi Note 9 Pro 5Gは筆者が今年最も注目しているミッドレンジスマホです。

  詳細スペックは以下の通り。

OS Android 10, MIUI 12
SoC Snapdragon 750G 5G
メモリ 6/8GB
容量 128/256GB
画面 6.67型 (1080 x 2400 )
カメラ 10800万画素+800万画素200万画素+深度センサー
インカメラ 1600万画素
電池 4820mAh
寸法 165.4 x 76.8 x 9 mm ,215g
その他 33W急速充電
中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP