OPPO Reno5/Pro 5G発表!65W充電対応ミッドハイスマホ すまほん!!

 中国OPPOは、中国国内向けにOPPO Reno5 5G/Reno5 Pro 5Gを正式発表しました。 

 OPPO Reno5 5G

 OPPO Reno5 5GはSoCにSnapdragon 765Gを搭載するミッドハイ帯のスマートフォンで、5G通信に対応しています。

 背面カメラはトリプル+深度センサー。トリプルカメラはそれぞれ、6400万画素のメイン、800万画素の超広角、200万画素のマクロカメラとなっています。背面カメラの配置はまとまりがあってかっこいいですね。 

 ディスプレイは6.43インチの有機EL(1080 x 2400 )。リフレッシュレートは90Hz。画面左上にパンチホールがあります。

 バッテリー容量は4300mAhで、急速充電は最大65W。ミッドハイ帯のスマホではトップクラスの充電速度です。

 詳細スペックは以下の通り。

OS Android 11, ColorOS 11.1
CPU Snapdragon 765G
メモリ 8/12GB
容量 128/256GB
画面 6.43 型 (1080 x 2400)
カメラ 6400万画素+800万画素+200万画素+深度センサー
インカメラ 3200万画素
電池 4300mAh
寸法 159.1 x 73.4 x 7.9 mm ,172g
その他 65W急速充電、画面内指紋認証

 OPPO Reno5 5Gは12月中に発売となる見通しで、一部サイトで予約開始となっています。価格は以下の通り。

Sponsored Link
  • OPPO Reno5(メモリ8GB、ストレージ128GBモデル):2700元(日本円で約4万2800円)
  • OPPO Reno5(メモリ12GB、ストレージ256GBモデル):3000元(日本円で約4万7600円)

OPPO Reno5 Pro 5G

 

 OPPO Reno5 Pro 5Gの筐体デザインは、OPPO Reno5 5Gと同じ。スペックも基本的に共通していますが、搭載SoCなど一部仕様が異なります。SoCには上位モデルということで、Dimensity 1000+を採用。Dimensity 1000+はMediaTekのフラッグシップスマホ向けチップで、AnTuTuスコアは52万点前後。

 ディスプレイは6.55インチと、OPPO Reno5より少し大きくなっています。リフレッシュレートは90Hz。

 詳細スペックは以下の通り。

Sponsored Link
OS Android 11, ColorOS 11.1
CPU Dimensity 1000+
メモリ 8/12GB
容量 128/256GB
画面 6.55 型 (1080 x 2400)
カメラ 6400万画素+800万画素+200万画素+深度センサー
インカメラ 3200万画素
電池 4350mAh
寸法 159.7 x 73.2 x 7.6 mm,173g
その他 65W急速充電、画面内指紋認証

 価格は以下の通り。

  • OPPO Reno5 Pro(メモリ8GB、ストレージ128GBモデル):3400元(日本円で約5万4000円)
  • OPPO Reno5 Pro(メモリ12GB、ストレージ256GBモデル):3800元(日本円で約6万400円)

 OPPO Reno5 Pro 5Gは、フラッグシップスマホ向けのSoCを利用しているためか、コスパはいまいち。また、望遠カメラは非搭載で、超広角カメラは800万画素となっているいのも気になるところです。

中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP