丸裸。Galaxy S21のインフォグラフィックがリーク、カメラ詳細が判明! すまほん!!

 1月14日に発表が予定されているGalaxy S21シリーズですが、その発表を前にして公式インフォグラフィックが、高い確度を誇る著名リーカーEvan Blass氏によってリークされました。イタリア語で表記されていることから、イタリア版のリークとみられます。

 Galaxy S21、S21+のカメラスペックは、F値2.2で1200万画素の超広角カメラ、F値1.8で1200万画素のメインカメラ、F値2.0で6400万画素の望遠レンズの3眼構成。フラッシュ用のLEDはカメラ突起とは異なる場所に付いています。カメラ突起が側面と一体化しており、S20やNote20からかなり様変わりしています。

 インカメラはF値2.2、1000万画素のパンチホールタイプです。

 Sペン対応が噂されているGalaxy S21 Ultra 5Gは、4眼構成となっています。基本的なレンズタイプは無印や+モデルと同一ですが、メインカメラが1億800万画素のセンサーになっています。Note20 Ultraに引き続き、ToFセンサーより高速かつ正確なレーザーオートフォーカス技術を搭載しています。

 さらに、望遠カメラがF値2.4の1000万画素のもの、F値4.9の1000万画素のものの2眼構成となっています。最近のスマートフォンのカメラでF値4.9というのはかなり珍しいように思えます。背景ボケを弱め、もう片方のカメラで撮影した画像と合成した際により自然な仕上がりにするためでしょうか。

 インカメラは、Note20同様4000万画素の高解像度なセンサーを使用。暗い中ではピクセルが合成され、1000万画素のセンサーとなるようです。

 Galaxy S21シリーズは、1月14日に開催されるGalaxy Unpackedで発表される予定です。