次期Apple TV、120Hzに対応の可能性 すまほん!!

 次期Apple TVは4Kかつリフレッシュレート120Hzの映像出力に対応する可能性があるとMacRumorsが伝えています。

 上記の根拠として、9to5macが解析したtvOS14.5ベータのコード内に「120Hz」や「supports120Hz」といったワードが発見されていることを挙げています。

 リフレッシュレートとは一秒間に画面が更新される回数のことを表し、現行モデルでは60Hz、つまり画面が一秒間に60回更新されます。120Hzに対応すると、より滑らかな映像を楽しむことができます。

 iPad Proは既にリフレッシュレート120Hzに対応しており、Apple TVも同様に対応した場合、より大画面でシューティングゲームをヌルヌル快適にプレイすることが可能になります。

 次期Apple TVは120Hz対応の他に、よりパワーアップしたチップの搭載と、リモコンデザインの刷新等の噂が出てきています。発売時期については、まだ明らかになっていませんが、噂やリークの頻度からみて、もう間もなくの発売を期待してしまいます。