Galaxy Tab S7 FE発表、大画面で大容量バッテリー、Sペン対応の廉価版タブ すまほん!!

 

 Samsungは先日、Galaxy Tab S7 FEを発表しました。FEは「Fan Edition」という名称で、フラッグシップ機の使用の一部をそのままに、一部を低コストな部品に変更して発売されるシリーズです。

 今回のモデルは、Galaxy Tab S7をベースに作られています。Galaxy Tab S7は筆者も使っていますが、かなり快適なタブレットとなっています。レビューもご覧ください。

  Galaxy Tab S7 FEは、2560×1600の高解像度なディスプレイに、12.4インチのディスプレイを搭載しています。120Hz駆動はサポートしていないものの、Sペンはベースモデル通りに対応しています。

 さらに、1万90mAhのバッテリーを搭載し、最大45Wの急速充電をサポート。45Wでは190分で満充電にできるようです。Galaxy Tab S7のバッテリーの8000mAhでもかなり長持ちする実感を持っているので、Galaxy Tab S7 FEのバッテリーはかなり持つと考えられます。 

 SoCはGalaxy Tab S7と異なり、Snapdragon 750 5Gが採用されているよう。内蔵メモリは4/6GBで、ストレージは64GBまたは128GB。この辺りはコストカットが見られます。

 DeX機能やWindows連携の機能もGalaxy Tab S7の仕様どうりに使うことができます。単体でDeXを起動することも可能なほか、Windowsと画像をリアルタイムに同期したり、Windowsのサブディスプレイとして使える機能も搭載しています。

 カラーはMistic Black,Mistic Green,Mistic Pink,Mistic Silverの4色展開でリリースされます。背面はGalaxy Tab S7と同様の金属仕上げとなっています。Sペンも背面にくっつくようになっています。

 キーボードカバーも発売されており、外出先等でPCのように使うことも可能です。さらに、Clip Studio PaintやCanva、Noteshelfといった人気アプリを使うことも可能です。

 価格は、仏AmazonでVAT(付加価値税)込みで544.46ユーロ(約7万2000円)から。

 スペックは以下の通りです。

  Galaxy Tab S7 FE
OS Android11 One UI 3.1 
SoC Snapdragon 750G 
メモリ 4/6GB
容量 64/128GB
画面 12.4型 (2560×1600)
カメラ 800万画素
インカメラ 500万画素
電池 10090 mAh
寸法 185.0 × 284.8 × 6.3 mm, 608g
その他 microSD ~1TB
海外スマホ個人輸入の定番
etoren
ETOREN イートレン
使い方

こんな記事も読まれています

ようやく。Galaxy Tab S8のレンダリング画像がリーク

国内登場にも期待したい!サムスン、「Galaxy Fit2」「Galaxy Charger Trio」「Galaxy Tab A7(2020)」を発表

噂:Galaxy Z Flip3のレンダリング画像がリーク?

「Galaxy Watch 4」「Galaxy Buds 2」の価格がリークされる