噂:次期MacBook ProでTouch Bar廃止はほぼ確実か。 すまほん!!

(画像出典:MacRumors)

 2021夏の発表が予想されている、Appleの次期MacBook ProでTouch Barが廃止される可能性が、より確実なものとなりました。

 これはディスプレイ関連の情報に詳しいDisplay Supply Chain Consultantsの有機ELディスプレイに関する市場予測から判明したもの。2020年第4四半期~2021年第4四半期までのモバイル向けOLEDシェア統計・予測図の説明として「私たちの情報源は、Appleが将来的にTouch Barをキャンセルする可能性があることを示唆している」との記述が確認できます。

 今年4月には、AppleのサプライヤーであるQuanta Computer Incがランサムウェア攻撃を受け、設計図データが流出。流出した設計図データからもTouch Barの存在は確認できなかったほか、MagSafe復活やSDカードスロット、HDMIポートを備えている可能性があることもわかっています。

 また、Apple関連の情報に精通している、Ming Chi Kuo氏も以前、Touch Bar廃止に関して触れており、それらも鑑みると、今回確認された情報によってさらにTouch Bar廃止が裏付けされたことになります。

 Display Supply Chain Consultantが公開したグラフからは、現在、モバイル向けOLEDの出荷は、スマートフォン用ディスプレイが1位を占めており、続いて2位にスマートウォッチ用、そして3位にTouch Bar用ディスプレイ、と、意外にもTouch Barがモバイル向けOLEDの出荷に占める割合は高いことがわかります。

濃い灰色がTouch Barを示している(画像出典:Display Supply Chain Consultant)

 そのため、もしTouch Barが廃止された場合、ディスプレイの製造を受注しているサプライチェーンにとっては大きな痛手となる可能性もあります。

 2016年発売のMacBook Proから、2021年発売のM1チップを搭載したMacBook Proまで5年間にわたり採用されてきたTouch Barが、一つの区切りを迎えようとしています。ユーザーからの評価はあまり高くなかったとはいえ、そのデザインのスタイリッシュさを引き立たせてきたTouch Bar。次の、「Touch Bar」に置き換わる新しい機能にも期待が高まっています。