日本通信、基本料290円の「合理的シンプル」プラン発表。従量制と定額制のいいとこ取り すまほん!!

 日本通信は、月額基本料税込み290円(1GB付き)の合理的な携帯料金プラン「合理的シンプル290」を1月27日より提供開始すると発表しました。

 通話は11円/30秒、データは220円/GB。従量制的発想のプランではありながら、データ利用量の上限を設定できる「上限設定機能」により、利用者自身で1GBから100GBの間の1GB単位で上限設定が可能。仮に3GBに上限設定しても、2GBにおさまれば月額510円(基本料290円+220円)で済むため、定額制よりも安く済む合理性を備えます。

 さらに70分/月まで国内通話が定額となるオプションを700円/月で、完全通話定額制オプションを1600円/月で選択可能。

 こうした低廉な料金プランを投入できた背景として、データ通信と音声通話の両方を携帯キャリアの原価ベースで調達できるようになったことを日本通信は挙げています。